PC内臓カードリーダーは、あんまり使わないので埃がよくたまる。掃除はめんどくさいし、スプレーで吹き飛ばそうとして、中で詰まっても困る。

じゃあ、無くしてしまえばいいんじゃないかということになるが、ごくたまにSDカードやmicroSDカードを読み込まなくてはならないときがあり、そのときにないのは非常に困るのだ。

どうにかならないものかと考えてみる。

 

PC内臓カードリーダーについて考える。

メリットは

  • 保管場所を考えなくていいので、探す必要がない。

デメリットは

  • 埃がたまりやすい。
  • 掃除がしにくい。

ということは、埃がたまらない場所に保管できて、さらに保管場所を考えなくてもいいようなものがあれば、PC内蔵でなくていいな。

 

PCに小物入れを付ける。
FullSizeRender

探してみると、あるものだ。PC内蔵の小物入れ。

これさえあれば、保管場所に困ることがないし、ちょいちょい探していたUSBや変換アダプターなどの小物も収納できる。

あとは、内蔵じゃないカードリーダーを探す。

USBマルチカードリーダー

USBで接続できるマルチカードリーダーだ。

これ一つで、SDもmicroSDもそのままさせるのだから便利なものだ。

USB3.0とUSB3.1にさせるタイプがあるが、それほど速度を重要とするわけではないので、ちょっと安めのUSB3.0のタイプのもので十分だろう。接続部分がUSB3.1になってないと意味がないし、なってるPCって、ほとんど見たことないしね。

 

あとがき

これで、埃がたまらず、探すのにも困らない保管場所を確保することができた。

他のPC関係の小物類も保管できてうれしい。