ルンバがボロボロになってきてまして、先日のAmazonプライムデーで安売りしていたのを機会に買ってみました。7000円引きなのはでかい。正直にいうと買って正解でした。早速レビューしていきます。

あわせて読みたい↓
ルンバを掃除してみた。埃がやばい。

 

開封してみる。
image

箱はなかなか大きい。けど軽い。

image

開けてみると、真っ白の本体が堂々と居座ってます。

image

裏はこんな感じ。箱にブラシが4つ入っていて、2つ取り付けた。はめ込み式で簡単に装着できる。

image

スペアのブラシとフィルターが入っている。黒のやつもフィルターだった。緩衝材じゃないんだな。無くさないようにしないと。

image

あと、手入れ道具が入っていた。カッター付きなので、髪の毛なども切れるようになっているっぽい。

 

ルンバと比較してみる。
image

サイズはあまり変わらない。けれど、軽さが全然違う。eufyの方が圧倒的に軽い。何より静か。ルンバの騒音が嘘みたいだ。

これで、ルンバの半額ぐらいの値段。大安売りで15,960円だった。

高さがあんまり変わらないのにソファーの下に挟まって動けなくなることもない。

image

ルンバはよく挟まってる。毎日救出。

壁にぶつかるときもソフトタッチ。ルンバみたいに全力で体当たりしていかない。まあ、このルンバは平成23年11月に買ったもので、今はもっと性能が良くなっていると思う。比較にはならないかもしれない。

吸引力の違いはこれから使ってみてからですね。

 

ルンバと比較したとき、『eufy RoboVac 11』のメリットとデメリットをまとめる。
328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s

メリット

  • 圧倒的に静か。
  • 安い。軽い。
  • 壁に当たるときも静か。
  • ソファーの下に挟まらない。
  • リモコンでラジコンのように操作が可能。

デメリット

  • 取っ手がないので、抱きかかえるしかない。
  • 表面が綺麗すぎて、指紋の汚れが目立つ。
  • 何て呼べばいいかわからない。

取っ手がないのがちょっと違和感。そのうち慣れるだろう。軽いし。呼び方もなんて呼べばいいか。結局『白いルンバ』になりそうな予感。

安い。軽い。静か。この3つがポイントだろう。

 

6年近く頑張ってくれたルンバに感謝。

はじめて、ルンバがきたときは「こんなのに掃除なんてできんやろ。」とか思っていましたが、気がつけばペットのような感覚。足にまとわりついてきたときは、軽く蹴ったり、向きをかえたり。そんなことをされても、文句も言わずただひたすらに働きつづける。ソファーの下に挟まれば助けを求め、玄関に落ちそうになれば助けを求め、電池が切れれば充電してくださいと言う。自分にできることとできないことがしっかりわかっているやつだった。そんな姿からか、多少うるさくても嫌いになれなかった。

犬は人の7年早く年をとるというが、ルンバはいったいどれくらいなのだろうか。だいたい5年半ぐらいだがそろそろ限界みたいだ。もうタイヤはボロボロで、ブラシを回すモーターもほとんど動いていない。

もう休ませてあげてもいいんじゃないだろうか。ただ、最後まで頑張ってもらいたい気持ちもある。バッテリーやブラシを交換したばかりだし。まあ、2階を任せることにして様子見だ。

 

【あとがき】これから使っていって確かめる。
あとがき2

どれくらい使えるかどうかは、これから使っていくことで確かめることにする。

このルンバのように、古いルンバを使っているならばこれに買い替えると静かでいいかもしれない。ルンバと違い、なかなか繊細なやつなのか、壁にも軽く当たるし、動作も若干忍び足な感じだ。初めての家に戸惑っているのかもしれない。これで、そのうち元気に走りまわるようになったら愛着がわいてしかたがないだろう。