toku

どうも、ねんごたれです。

なにやら最近『MacBookおじさん』なる人がいるようです。足長おじさんみたいなかんじですね。ぼくは足長おじさんをしりませんが、このワードを聞くとイメージがどうしても、「のっぽさん」しかでてこない。

まあ、簡単にいうとMacBookをくれるらしいです。

すごいですね。そんな人がいるとは。世の中も変わってきてるんだろうか。

テニスを普及させたかったらラケットを送り付けるとかもできそうです。農業だったら鍬とか。

くれるものなら貰っておこうってなりますが、パソコンがWindows派だとMacは使いづらいんですよね。そこで、同じ値段ぐらいでこっちの方が欲しいというのを上げとこうと思います。

MacBookじゃなくていい理由

・持ち運びしない。・部屋から出ない。・Windows派。・デスクトップ派。

理由を挙げればこんなところでしょうか。

あのブロガーの方々のようにアクティブに行動するタイプじゃないので、手軽さはいらない。ひきこもりですしね。部屋からでないから、多少大きくてもいい

たぶん、もらっても持ち運びせずに置きっぱなしになると思うんですよね。めんどくさがりだし。

MacはWindowsと違う動作を覚えないといけないので慣れるまでに時間がかかる

ということで、デスクトップでいいわけですよ。でも、完成品だと値段が上がってしまう。

ではどうするか。

パーツなら完成品より安い。

パーツを買って組み立てればいいだけ。

もともと使ってるパソコンで、古い部分だけ変えればいい。わざわざ使えるパーツまで変えなくてもいいんです。

CPUマザーボードメモリSSD。この4つさえ変わればスペックがめちゃくちゃあがります。

ただ、電源とか光学ドライブとかも古かったら変えたいですが、まだ使えているなら、まだ大丈夫でしょう。いつでも変えれるし。

ということで、パーツと値段を見ていきましょう。

価格とか。
略称製品価格(2017.7.28現在)
CPUIntel CPU Core i7-7700K40.350
マザーボードASUSTeK H270-PRO14.569
メインメモリ DDR4-2400 8GBx2枚16.385
SSDTranscend SSD 240GB 2.5インチ11.135

合計82.439円です。

CPUは正直corei7のスペックはいらないので、corei5にすると、1万5千円ぐらい安くなります。すると、6万7千円ぐらいになるかな。

どうせ、もらえるならスペックが高いほうがいいよね。

組み立ては自分で調べよう。

パソコンを組み立てられるようになると、毎回買い替えなくても、部品だけの交換で済むので安上がりです。

パソコンは10年もたてば確実に買い替えをしなければならないもの。安くて、高スペックのものが手に入るなら、組み立てを覚えておいて損はないです。

Archicad用のパソコン自作。

【あとがき】これでどちらもwinwin。
あとがき2

おじさん側は値段が安くてサポートできる。もらえるほうは、Macbookよりスペックが良くニーズにあっている。

win-winの関係が築けるのではないだろうか。