どうも、ねんごたれです。

友達に誘われて釣りに行ってきました。

いつも、全然つれないので気乗りしないのですが、今回は行ってよかった。

はじめは漁港の堤防から釣っていたのですが、釣れないので移動することに。

なんと、そこでアナゴ?みたいなのを釣り上げる。

今までの人生の中で一番大きな獲物でした。

 

今回の釣果
2017-09-02-23-48-34

ネンブツダイが5匹に、マゴチ?とアナゴ?

魚に全然詳しくないので、友達に見てもらい判明。

マゴチ初めてみた。こんな魚おるんやな。なんか顔がへしゃげてる。

調べてみると、結構でっかくなるみたい。

これは小物だ。

なんか申し訳ないがせっかく釣ったので食べる。

というより、持って帰ってきてしまったから、食べる。

おいしかったらいいな。

 

アナゴとうなぎの見分け方。
2017-09-02-23-51-06

背中に白い点々があるのがアナゴらしい。

写真でもわかるぐらいはっきり出てるから、アナゴだろう。

他にもアナゴの方は尻尾が尖っているようだ。うなぎは丸いらしい。

写真撮ったときは知らなかったので写真はない。

確かに尖ってたように思う。

 

早速捌く。
2017-09-03-00-48-17

捌き方なんて全く知らないが、とにかく背骨取ってたらいいだろうということで、三枚におろす。

自分で食べるんだから、ぐちゃぐちゃでも構わないし、練習やと思って頑張る。

ネンブツダイは小さいので手を切らないように慎重に切る。

鱗は簡単にとれるし、見も固くないから捌きやすい。

マゴチも同様に捌く。頭は、だしをとろうかと思っておいてる。肝も食えるのかどうかわからないが、とりあえず置いておく。

問題はアナゴだ。

はらわたをとったまではいいのだが、そこからが大変だった。

背骨の形が普通じゃない。なんか丸い。だからか、背中から包丁が入りにくい。

なんとか、骨から身を切りはなした。

少し骨に身が残ってしまったが、まあいいかな。

初めてにしては、きれいに切ったほうではなかろうか。

 

とりあえず、天ぷら。
image

マゴチの頭を味噌汁にしたりしようかと思っていたが、面倒だったのでやめた。

全部天ぷら。簡単、おいしい。

どれも白身であっさりしているからか、天ぷらがおいしかった。

一番おいしかったものをあげるなら、アナゴじゃなくてネンブツダイだった。

尻尾や骨も柔らかいので、そのまま全部食べれる。特に尻尾がカリッと揚げられてて、小エビの唐揚げみたいだった。うん、美味い。

その点アナゴは、身は多いけど味の変化がないので、ちょっと物足りない感じがした。味付けが塩だけだったのもあるかもしれない。もし、次釣れた時は天つゆを試してみようかな。

マゴチは他の2匹に比べると身がしっかりしていて、素直においしかった。白身魚の天ぷらって感じ。

食べた後から知ったのだが、アナゴは骨が多くて、調理してないと食べにくいらしい。まったくそんな気配もなく、そのまま食べたのだが、これはほんまにアナゴだったのだろうか。

 

【あとがき】自分で釣って捌いて食うのはいいな。

ちょっと捌くのをミスっても気にならないし、なにも言われない。

これが商売だったり、学校だったりすれば、手順があり、捌いた後はなにかしらの評価と批判がある。

そんなことを気にせずに、いろいろと試行錯誤しながら、捌くのは面白い。

まあ、調理法は天ぷらか唐揚げですけどね。

そのうち、違う調理法も試すようになるかもしれない。