どうも、高所恐怖症のねんごたれです。

木登りとか登り棒とかほんまに無理で、ベランダから下を見るのも怖いです。

釣りに行けば、堤防に登れず、磯に行けずで、なんとか頑張っていっても足がプルプルしてます。

そんな僕に任務が下された。

 

台風で飛んだトタン屋根の修復作業。

これがなかなか怖い。

幸いにも、屋根の両端が飛んだだけだったので、屋根の上に登らずに済みました。

修復後の写真がこちら↓

2017-10-25-12-32-33

見たらわかると思いますが、そんなに高くはない。

だがしかし、怖いものは怖い。

台風の名残りなのか風が強かったので、梯子の上でプルプルしてました。

下が畑なので、梯子が安定せずグラグラなってたのでよけいに怖かったです。

あとで、そのことを友達に話すと、

「下に板ひかないかんで。」

ということでした。

あー、そんなことも思いつかなかったとは。

次からは気をつけようと思います。

 

あとがき

話は変わりますが、それにしても先週の台風はすごかった。

隣町は、屋根が飛び、家の外壁が飛び、看板がへし折れ、木は折れて道をふさぎ、ソーラーパネルは吹っ飛び、倉庫はなぎ倒されで、ほんま満身創痍でした。

次の日に隣町のおばちゃん家に手伝いに行きましたが、未だかつてない被害。

周りの家の人たちがみんなで手伝い合いながら、後片付けをしてました。

「あー、ここってこんなに人がおったんだな。」

という感想が出てきてしまうぐらいのにぎわい。

この町はこんなに温かい。

過疎ってきているといっても、なかなかいい町だ。

そんなことを思いながら、倉庫を片付けてました。おわり。