どうも、ねんごたれです。

知らないことがあったときや間違っていたことがわかったとき、どういう態度で接しますか?

普通は、「こうこうなんやで。」とか「こういうことなんやで。」と教えてあげるでしょ?なんで、うちの親は攻撃的な態度をとってくるんだろうか。まるで知らないことが罪であるかのように。

さっきあった事件を書いておきます。イライラするので。

 

テレビで「硬い」「固い」の違いをやってた。

テレビを見てないのでどういう説明があったのかは知らないが、急に「『身体がかたい』のかたいは『硬』『固』のどっち?」と聞いてきた。ぼくは「身体が固い」と答えたら、事件勃発

「あんた、そんなんもわからんの?」「本読んどってもそんなんやったらあかんな。」「日本人やのに漢字ぐらいわからんとあかんで。」ガミガミetc。

いかん、何言われたのかすら覚えてない。時間が空くとすぐ忘れてしまう。もっと致命的なことを言われたような気がするがなんやったっけ?いつもなら、「あんたほれでも日本人か。非国民やな。」ぐらい言われるが今回は言われてない。なんで、こんなにダメージを受けているんだろうか。くっ、書いてるとわからんくなってきた。

参考URL→◆固い、硬い、堅いの違い!それぞれの対義語は?使い分け方もチェック!

 

隙を見せると攻撃される日常。
176345cfa0fd174c92134438228cd9d3_s

完璧な人間なんていないのに、なぜかパーフェクトヒューマンじゃないと怒られるのが疑問。わからないことがあって、自分がわかっているとものすごく強い口調で話す。「そんなこともしらないのか。」と。

いや、ちょっと教えてくれるだけで学べるのになぜそこまでいうのか。そして、その事件が終わった後も、「あんた、そんなこともわからんかったんやな。」とねちねち言ってくる。

まだ、これで親が完璧な人間だったら許せるがそうでもない。

 

わからないことがあったら、それが偉いのか。

問題は、親にわからないことがあった場合だ。

こんなことがあった。最近は携帯のメールアドレスで、アカウントを登録して使用するアプリがおおい。それで、新規登録したらいいのに、なぜか登録すらせずにログインをしようとする。「メールアドレス」「パスワード」って書いてあるから、「icloudのアカウントのアドレスとパスワードで、ログインできるはず」とか言って一向に登録する気配すらない。それで、ログインできなくてイライラしている。うん、何してるんだろうって状況。

「新規登録せな無理やで。」といったところで聞かない。それで、結局長いこと試してやっと新規登録。ここでも、問題が。アカウントのパスワードをそのまま、パスワードとして登録しようとしている。うん、ちょっと待てよと。いったい、何をしているのかと。あなたは知らない人に家の鍵を預けるのかと。勝手に入られても知らんで?

「こうやってやるんやで。」って教えているのになぜか、「なんでほんな強く言うん。」「もっと優しく教えてあげないかんで。」「女子にモテんで。」と言ってくる。そして、なかなかその通りに行動しない。なぜなんだろうか。

知らないのは仕方がない。どうしようもない。だって、知らないんだから。でもね、教えてもらうことを素直に聞くって大事だと思うんだよね。それで、態度を指摘してくるんだから、いったい何様のつもりなのだろうか。子どもは親に、常に優しく接さないとダメなのだろうか。こんなやりとりも、もう5年になるのだからいい加減な態度にもなるよ。どうせ、もう忘れてるだろう。また、始めからだよ。

 

あえて失敗するのも大事だ。

まあ、ぼくも人の忠告を聞かないことはよくある。自分でやってみないと分からないことってあるからだ。あえて失敗してみることも多い。試行錯誤ってそんなもんだし。本当なのか確かめるためには仕方がないことだ。

それでも、人の失敗を笑ったり、攻撃の材料にしたりはしない。そんなことをしても、なんにもならないし。人って学習できる生き物だし。できない原因ってどこかにあるものだ。

そりゃあ、100メートル10秒で走れるかって言われると無理だよ。15秒でも無理っぽい。そんな、能力的なことを言っているのではなくて、知識的なものだ。

知ってればできることは、知ってればできるんだよ。知ればいいだけだ。教えてもらってもいいしね。

なんかこう、頭が固い人っているよね。他人がどうにかできない存在だと思う。

 

あとがき。

あんたも大概だと思うかもしれない。そりゃあ、蛙の子は蛙だし、似てしまうのはもうどうしようもないだろう。

そんな親もまた、蛙の子は蛙なんだということもわかる。

この負の連鎖をどうするのかが問題なのかもしれない。