どうも、ねんごたれです。

田舎に住んでいれば、蜂が飛んでくるのは当たり前。しょっちゅうブンブン飛んでるし、「なんか蜂が多いなー。」と思ったら、近くに巣ができている。駆除してもらうのには、一つの巣につき5000円ぐらいする。高いなーと思ってたけど、調べてみると3倍ぐらいの値段が普通っぽい。意外と良心的な値段だったんだなとびっくり。

巣ができる前に予防できれば、駆除してもらわなくてもいいわけだ。というわけで、そんな便利なものを発見したので紹介する。

 

フマキラー 捕獲器 ハチ激取れ

まんま名前通りなんだが、この捕獲器が取れすぎてやばい。

始めはこんな簡単なもので本当に取れるのだろうか心配だったが、ものは試しと設置してみた。設置の仕方は簡単で中に入っている針金紐で木にぶら下げるだけ。説明もパッケージの裏に書かれているのでわからないということはない。

hati

↑画像はAmazonから引用

 

設置場所について

説明書にはこのように書かれている。

  • 地面からの高さ1.5~3m
  • 緑の多い場所
  • ハチをよく見かける場所(巣の周辺は除く)
  • ※直射日光のなるべく当たらない場所

これを参考にしつつ設置したのが、①直射日光が当たる木の下のところ。②一日中影になるところ。③直射日光が当たる軒下。

直射日光が当たらないところがいいらしいが、そんなところって滅多にない。仕方がないのだ。

 

いっぱい取れた。
FullSizeRender

そろそろとれたかなーの思って一週間ほどして見に行ってみると、気持ち悪いぐらい取れていた。「こんなに取れるん!?」というよりも、「こんなにおったん!?」の方にビックリ。こりゃあ危ないわ。設置してよかった。

一番取れたところは、直射日光が当たるところだった。やっぱ、影より明るいほうがいいのかもしれない。

理想的な条件を勝手に予想して書いておく。

  • 緑が多い(垣根の近く)
  • 風通しの良い木陰(明るいところ)
  • 空間の開いている所
  • 目線より少し高めの所
  • 以前蜂の巣ができた近く

この5つの条件が満たせるならば、激取れ間違いなしだ。

 

このまま放置して様子見

まだ、蜂がとれるかもしれないので撤去しないで様子見。今回はアシナガバチが大半でした。木陰に置いているのには、蠅がかなり入っていて、めちゃくちゃ気持ち悪かったです。あとから覗いてみると、蜂も何匹か取れてたみたいで、効果に偽りなしかと思われます。

もっと早くしっていれば、祖母が蜂に刺されなくてもよかったんですけどね。今年は安心して大丈夫そうです。