view数

のんびりと続けてきて早2年。

気が付けば、総訪問数が10万人を突破していた。こんな更新が不定期のブログでもそれだけ見に来てくれる人がいるということはありがたいことです。

総訪問数10万人とキリがいいので、ここらあたりでいったんまとめの記事を書いておこうと思った次第。

 

総プレイ日数769日

『利用状況確認』→『ブログの投稿情報』を見てみると、2017年5月29日に初めたようで、今日で769日目になるようだ。

もともと、お遍路に行ったことを後で見るときに見やすいようにまとめることがきっかけでブログを書き始め、終わればいろいろと追加していった。途中更新が途絶えることが多く、また、Googleアドセンスに登録するためにいろんな記事を削除したために、記事数は現在244記事しかない。2年でこれは少ない。もっと書かなければ。

 

収益はどれぐらいか。

せっかく書くので収益が得られるようにしたいと思い、アフィリエイトやらアドセンスやらに登録をして、ちびちびと稼いでいる。アドセンスはまだまだ現金化できるほどないので0円ということだ。アフィリエイトの方はようやく収益が出始め、月に800円ほどになるかな。

それ以外にクローズドASPのお話を頂き、そちらの方がトータルの稼ぎ的には良い。もっとそちらに力を注げば、収益性は上がるのだろうが、自分の変に頑固なところが邪魔をしてしまっており、現在はほとんど収益化ができていない。

そんなこんなで、全部を合計すると2年で3万円ほどにはなっているので、まあぼちぼちだろうというところ。

 

ブログの理想としては。

例えば1000円で購入したものがあり、それを使って記事を書くなり動画を撮るなりして、下での1000円稼げれば、ただで購入できたようなものだ。出たお金と入ってくるお金が同じ、あるいは入るほうが多いという状態を作ることができれば、見かけ上はお金をかけずに生きていくことができるようになるので、それが理想だ。

その状態に持っていくのに、結構な時間と労力が必要なのに、のんびりだらだらとやっているものだから、かなり遠い。

のだが、老後の年金問題やら終身雇用が崩壊やらが騒がれる昨今で、貯金をして問題の解決に向かうのではなく、お金の入る仕組みを若いころに作ることで解決したいと思っている。就職したところでそれが40年続くかと言われるとないだろう。ならば、自分で仕事を作るが、誰か仕事を作る人に乗っかるしか道はない。

 

何を記事にするか。

これがなかなか難しい問題だ。

気合をいれて書いた記事は読まれずに、日常のしれっとした問題の解決記事をサラッと載せたものはけっこう読まれるということが現在わかっているので、何か問題を探しているのだけれど、ない。

非正規雇用で働いているとはいえ、基本引きこもりなので、日常がルーティン化しており、解決するべき問題というのがほとんどない。そして、問題があってもそれを問題と認識できないので、結局見つからないという状況。題材がない。

ただ、ゲームは少しやっているので、それの攻略記事のようなものを少し書いている。そちらをもう少し広げて書いていけば、記事に困ることはないのかもしれない。

 

その人と為りが分かるように書ければいいのに。

いろんな人のブログを読んでみると、載せている記事を読んでいけば、その書いている人がいったいどんな感じの人なのかというのがわかってくる。

そういうふうに自分を文章で記事化することができれば信頼性というものが上がるようなのに、なかなかそんな感じで書くことができないので、困っている。

そもそも、誰に怒られることもないので、きっちりとした文章を書く必要がないにもかかわらず、書いてしまう。(書けているかはわからないが、とりあえず雰囲気はそんな風に感じる。)

その辺をもっと直していければいいのだけれど、なかなか難しい。なんせ、普段からこんな感じで話しており、全く砕けてないので、日常生活から直していかないと無理そうだ。というか話らしい話をしていない気がする。家族とすら、「今日のご飯何作ろうか?」ぐらいしか話してない気がするし。喧嘩をするなんてこともない。ああ、なんて無難に生きているのだろうかと心底思ってしまう。

また、頻度よく更新して、「自分てこういう人なんだ」ということを知ってもらえる機会を増やすことも大事だと思う、思うのだが、なかなかできない。今後の課題だな。

 

あとがき

引きこもりで何もしていないと言っても、何かを食べ、何かを考え、何かに時間を使いながら生きていることは確かだ。そうした日常を記事にすることができれば、それはきっとお金になるに違いない。

であるならば、お金にならないままでいるよりかは、それをお金にしてしまったほうがいいんじゃないだろうか。

と、のんびりと考えているが、そろそろやばい。