どうも、ねんごたれです。

トヨタのウィッシュに『DPV-7000』を取り付けたのはいいのですが、USBの差込口をどこから出せばいいのか悩んでいました。

初めは、シガーソケットがついている板の下の隙間から出していたのですが、助手席に座る人の足に当たりまくり、踏まれまくりで、充電ケーブルが土だらけになってしまうという事態が発生。

「こりゃあ、だめだ。」ということで別の位置を考えなくてはならなくなりました。

 

そもそも出す必要はあるのか。

「シガーソケットで充電できるなら出さなくてもいいんじゃないか。」と思ったが、そういうわけにもいかないのが世の常。

『DPV-7000』で使いたい機能の一つ【Apple Car Play】は有線接続でないと起動しないのだ。

なので、無理やり隙間から出していたが、上述の事態となってしまった。助手席側の収納スペースから出すことも考えたが、使うたびにわざわざ出すのは、めんどくさい。

 

いいところを発見!
IMG_E0678 - コピー

オーディオ周りを探してみると、ハンドル脇のところに何やら出せる部分があるのを発見した。(写真の赤の部分)ここから出すことができれば、すごく使い勝手がいいのではないだろうか。

ということで、検索しようと思ったのですが、この部分の名前がわからないのでかなり難航することに。

どうやら、『スペアスイッチホール』というみたい。

これで、なんとかできそうだ。

 

どれが自分の車に合うのかを調べる。

エーモンのホームページの『車種別取り付け適合情報』に行けば調べられるのでそこで調べた。

なんせ、古い車なのでどれがピッタリ合うのかをきちんと調べておかないと、合わなかったら大変だ。自分の車は2312が適合するみたいなのでそれを購入した。

USB2.0で物足りない気がするけれど、カーオーディオがUSB2.0なので問題はないかなと。

 

取り付けは意外と大変。

ハンドルを下げて、カバーを外し、シフトレバーの部分のカバーも外さなければならない。

慣れれば簡単なのだが、慣れていなかったので、なかなか手こずった。

配線は、メーターの方に伸ばすのは大変だったので、シフトレバーの下を通しつつ、ハンドル横に持ってくる感じだ。

接続は差し込むだけなので、簡単にできた。

最後にハンドルをもとの高さに戻すのを忘れなければ、完成だ。下げたまま運転してしまったときはかなりびっくりした。

 

完成!
IMG_E0678

なかなかいい感じになった。

普通の充電ケーブルの長さだと邪魔にしかならないので、20㎝ぐらいの短いので十分だ。たまたま短いのを持っていたので、それを繋いだ。

使い勝手もいいし、丁度いいところにiPhoneを置くスペースがあるし、バッチリだ。