2018.9.4の台風で、再び波板が飛んだ。

前回記事:台風にぶち抜かれたカーポートの波板の付け替え。留め具初めて見た。

 

修理したすぐ横。
FullSizeRender FullSizeRender

この前修理したところのすぐ横が見事に飛んで行った。

もう波板が劣化してしまっていて、どこが飛んでもおかしくないのかもしれない。

 

今回は自分で直さない。

ちょっと仕事が忙しくなり、日が出ているうちに帰ってこれなくなったので、自分で修理することができなくなってしまった。

なので、今回は人を雇って直してもらうことに決定したようだ。素人が直すよりも、よっぽど安心感がある。

 

あとがき

経年劣化しているのであれば、直せるときにすべて直してしまうのがいいのかもしれない。

けれど、やはり費用がかかるので、できたら飛んだところだけを直したい。うーん、悩みどころだ。

一番いいのは、強い風が吹かないことなんだが...。なかなかそうもいかないのが現実。