車を日向に置いておくと、車内が暑くなる。そんな車に乗るのって嫌だ。

したがって、日除けに車用サンシェードが必要になったのだが、どれがいいのだろうか。

 

シンプルイズベスト。

何かのキャラクターが書かれているものは嫌なので、できるだけシンプルなものがいい。

また、片付ける場所をとるものは避けたい。

そして、取り付けやすく片付けやすいものがいい。まとめると、こんな感じだ。

  • シンプル
  • 場所をとらない
  • 使い勝手が良い

 

車用サンシェード Relohas

上記の条件を満たすものが見つかった。車に設置型のもので、取り付けていても視界を遮らずそのまま運転できるというものだ。設置は吸盤でくっつけるだけ。使用するときも簡単で、蛇腹になっているので、引っ張りだして引っ掛けるだけで取り付けることができる。なかなか条件に合っているじゃないか。

けっこういい感じなのだが、似たような製品がたくさんあり、かなり迷った。

とりあえず長さが必要かと思い測ってみると、トヨタのウィッシュは70cmを超えていた。けれど、これ以上長いのが見つからないので、70cmのもので決定。

次に透明タイプの吸盤は、レンズのようになり太陽光を集め車内を燃やすかもしれないという記事を発見し、吸盤は透明ではないものになっているのを選択。

もし、車に上手く合わなくても、部屋の遮光に使えるということなので、これにした。

 

設置してみよう。
IMG_0909

届いたものはこんな感じ。結構細長い。そりゃそうだ。新品なので、広げてみると若干匂いがあるがそのうち無くなるだろう。

IMG_0912 IMG_0913

長さが短いので、上下に少し幅が空いてしまっている。また、ドライブレコーダーが付いているので、それを避けようとするとこんな感じになった。

日差しが仲間で届くのは、上の部分が空いているからなので、下の部分は開けておいても大丈夫だと思われる。

運転中に視界の妨げになるかと思ったが、上手いこと高さを設定しているみたいで、丁度車のフレーム部分にくるようになっているので、視界が狭くなることはなかった。また、運転席から引っ張って畳むという、すべての動作を完結できるので、使いやすさはよい。

 

ちょっと残念。

手を離すとひとりでに畳んでくれるので便利なのだが、最後まで行かずに途中で止まる。ペランペランになっているのだ。多分購入してすぐなので、上手く馴染んでないのだろうと思う。

IMG_E0915

こうなってしまうが、手で軽く押してあげると直る。

IMG_E0916

乱暴に扱うのではなくて、丁寧に最後まで持ってあげることが必要だ。丁寧な性格になりそうである。

 

あとがき

とりあえず、何回か使ってみないことにはわからないので、このまま設置したまま夏を超えてみようと思う。

どれぐらい涼しくなるのだろうか。気になる。気になる。