FullSizeRender

どうも、ねんごたれです。

コンタクトを使っている人にとって、「洗浄液はどれを選べばいいのか。」というのが、問題になってくると思います。「豊富な種類があり、どれを選んでいいのか正直わからない。」「できれば安いもので、損をしないようなものを選びたい。」ということで、オススメの安くて損しないものを紹介します。

その前に、初めて洗浄液を購入する人のために、簡単に洗浄液について説明しておきます。

洗浄液には大きく分けて、『擦って洗うタイプ』と『薬剤でシュワッと消毒タイプ』の2つがあるのですが、私は『擦って洗うタイプ』を使っています。理由を述べる前に2つのタイプの洗浄工程を簡単に説明しておきます。リンク先は公式サイト。

『擦って洗うタイプ』
【脱着】→【擦る】→【すすぐ】→【薬剤に漬ける(約4時間)】→【装着】
レニュー フレッシュ/センシティブ/カラーの使い方
『薬剤でシュワッと消毒タイプ』
【脱着】→【擦る】→【薬剤に漬ける(約6時間)】→【すすぐ】→【装着】
レンズケア(過酸化水素タイプ)

『擦って洗うタイプ』は一つの洗浄液で完結するのに対し、『シュワッとなる薬剤タイプ』は2つほどの洗浄液(すすぐ&消毒)が必要になるので、『擦って洗うタイプ』をオススメしてます。

ただ、めんどくさい人は『薬剤でシュワッと消毒タイプ』を使う時に【擦る】【すすぐ】の工程を飛ばして使っているようで、そうなると『薬剤でシュワッと消毒タイプ』の方が簡単なのですが、私は消毒した液をそのまま目に入れるのが怖いので、そっちは選んでいません。ちょっと心配ですしね。

それでは『擦って洗うタイプ』の中で私が選んだものを紹介します。

 

ボシュロム レニューがオススメ
FullSizeRender

使っているコンタクトがボシュロム製というのが一番の理由。やはり、同じ会社のものを使うのが安心感があっていい。

このボシュロム製の洗浄液には、『フレッシュ』と『センシティブ』の2種類(リンクは公式サイト)あるのだが、『フレッシュ』の方がオススメ。値段が安いというのもあるし、タンパク質除去ができるのがこちらだけだ。『センシティブ』の方は、目が乾燥しやすい人用になっていて、タンパク質除去はついてない。

 

500mlより355mlの方がオススメ

理由は4つ。

  • 500mlは使うときに重い
  • 500mlは大きいので場所をとる
  • 500mlはなかなか使いきれない
  • 500mlは値段が高い

355mlは500mlに比べて、小さいので、軽く、場所を取らず、適度に使い切ることができ、値段が安い。デメリットがほとんどない。強いていうならば、ゴミが増えるぐらいなもの。

値段を比較してみると、500ml×2(1L)で1836円に対し、355ml×4(1.42L)で1820円(2018.8.9現在)。だいたい同じ値段で、内容量が全然違うので、355mlを買う方がお得である。

 

 

一番安いのはこちら。

薬局で安売りのときに買うのが一番安いのだが、安売り以外で買うならこれかな。

 

ハードコンタクトレンズを使っている人はこれ。

ハードは使ったことがないのですが、これが一番良さそう。安いし、場所取らない。

 

 

『薬剤でシュワッと消毒タイプ』だったらコレ。

これが軽く、場所を取らず、使い切りやすく、安いものかな。