2017-08-08-13-51-57

どうも、ねんごたれです。

自分の部屋のカーテンがロール式のものなのですが、少しデメリットの方が多くなってきたので、思い切って付け替えてみることにしました。

デメリットをいくつか挙げていきたいと思います。

 

窓を開けた時に、カーテンをすべて巻き取らないといけない

まず一つ目が、窓を開けた時に、カーテンを全開にしないといけないことだ。

風が通ったときに、カーテンがバッタンバッタンとなり、ひどい時にはぐちゃぐちゃになったりする。壁に傷がついたり、カーテンが皴になったりと、リスクは高い。

日差しが強い日は、半分ぐらいカーテンをしたいものだが、そうもいかないというのがロールカーテン。風がない日はバッチリなんだけれど、そういう日は少ない。

 

いろんなものを巻き込む。

二つ目に、なんでも巻き取ってしまうことだ。

住んでいるところが田舎なもので、すごく虫が多い。ゴキブリに蜘蛛に、蚊、名も知らない小さな羽虫など、盛りだくさんだ。そんな虫がカーテンに留まっていて、知らずに巻き込んでしまうとどうだろうか。そう、虫の煎餅が完成する。

まだ、羽虫たちなら、小さいので許せるが、これがゴキブリや蜘蛛になった場合はえげつない。体液がカーテンにしみこみ、斑点模様が出来上がる。そして、カーテンを下ろすと、煎餅になったのが上から降ってくる。もう、どうしようもない。

 

洗濯ができない。

三つ目が、洗濯が簡単にはできないことだ。

カーテン自体は、なれると意外と簡単に外せるのだが、一人では厳しい。特に、窓が大きいと、高い位置についているので、椅子に乗って外さないとダメだ。幅があると、どうしても手が届かないので、1人じゃ無理。

また、古いタイプのカーテンであれば、生地が固くて洗濯機に入らないし、押し込むと皴になってしまう。外にでて、ホースで水をかけるのがいいのだろうが、手間だ。

一応、手入れの方法を載せておく。
ロールスクリーン|カーテンのお手入れ方法

 

普通のカーテンに変更。
FullSizeRender

今回使った、カーテンレールはこれ。

窓幅が1.6mだったので、長さ調節が可能なものを選んだ。厚いカーテンをつけず、レースのカーテンだけつけようと思っていたので、レールは一つだけのものにした。二つのものもあるみたい。

さっそく、装着。ネジを4カ所とめるだけの簡単仕様だ。

IMG_0359

部屋がだいぶ明るくなり、清潔感が出た気がする。

後は、どれぐらい虫が寄ってくるのかどうかの経過を見なくては。

 

あとがき

ロールカーテンは、都会か寒い地方がいいかも。

虫が多く、風の通りがいい地域は不向きだ。