ダメージ量を上げるために『クリティカル率』が結構重要だ。クリティカルが発生すればダメージが2倍になる。『クリティカル率』を100%になるようにしておけば、常に2倍のダメージを与えることができるので、まずはクリティカル率100%を目指したい。

そこで、参考にするために全キャラ共通事項をまとめてみることにした。

 

装備で必要なクリティカル率は?【2019.07.31訂正】

考えていく前に、前提条件として、プリーストの超越スキル『女神の祝福』でPT全体に+150付与、ルーン装備で+200付与をする。また、始めたばかりであれば『クリティカル率+200』のルーンを持っておらず、『クリティカル率+150』のルーンを付けていると思うので、-50して考えてほしい。

参考記事:補正表-キングスレイド Wiki

クリティカル率
職業初期(+前提条件)超越スキル合計
ナイト50(+350)×400
ウォーリアー150(+350)150650
アサシン200(+350)150700
アーチャー150(+350)150650
メカニック150(+350)300700
ウィザード100(+350)200550
プリースト100(+350)×450
装備で必要なクリティカル率
職業残りT7(+110)[超過]T8(+120)[超過]
ナイト600×6(660)[+60]×5(600)[+0]
ウォーリアー350×4(440)[+90]×3(360)[+10]
アサシン300×3(330)[+30]×3(360)[+60]
アーチャー350×4(440)[+90]×3(360)[+60]
メカニック300×3(330)[+30]×3(360)[+60]
ウィザード450×5(550)[+100]×4(480)[+30]
プリースト550×5(550)[+0]×5(600)[+50]
2つ炎ドラゴン装備[+100]
職業残りT7(+110)[超過]T8(+120)[超過]
ナイト500×5(550)[+50]×5(600)[+100]
ウォーリアー250×3(330)[+80]×3(360)[+110]
アサシン200×2(220)[+20]×2(240)[+40]
アーチャー250×3(330)[+80]×3(360)[+110]
メカニック200×2(220)[+20]×2(240)[+40]
ウィザード350×4(440)[+90]×3(360)[+10]
プリースト450×5(550)[+100]×4(480)[+30]
4つ炎ドラゴン装備[+230]
職業残りT7(+110)[超過]T8(+120)[超過]
ナイト370×4(440)[+60]×4(480)[+90]
ウォーリアー120×2(220)[+100]×1(120)[+0]
アサシン70×1(110)[+40]×1(120)[+50]
アーチャー120×2(220)[+100]×1(120)[+0]
メカニック70×1(110)[+40]×1(120)[+50]
ウィザード220×2(220)[+0]×2(240)[+20]
プリースト320×3(330)[+10]×3(360)[+40]

 

【注意】個別でクリティカル率を上げるキャラもいる。

超越5まで育てれば追加できる超越スキル[光]の方に、『クリティカル率』を持っているキャラや、自身のスキル4(パッシブ)に『クリティカル率』を上げる能力を持っているキャラなどがいる。

そのキャラが、どんなスキルや能力を持っているのかをよく読んで、装備OPを選んだほうが良い。

 

ナイトにクリティカル率はいらない。

ダメージ量を与えることを考慮しないタンク役のナイトに『クリティカル率』は必要ない。

タンクに必要なのは、高い防御力とHPなので、そちらを上げる氷ドラゴン装備などにした方が、無駄がなくてよい。

 

補足

できれば装備はすべてT8にしたいところなのだが、初心者で厳選を始めたばかりの人はまずT7装備で運用する方法を考えるのがいい。ただ、最近のアップデートにより登場した派遣戦闘により、厳選の難易度が下がっているので、そこそこT7装備が揃ったのであれば、T8装備を集め始めるのもいいかもしれない。

また、装備でつけられるOP枠は4×4=16なので、クリティカル率以外に何をつけるのかが問題になってくる。いろいろある中でも『攻撃速度』は『クリティカル率』の次にほしい装備OPだ。できればT8装備OPで5枠(1600から減衰)欲しいところだ。

 

あとがき

『クリティカル率』を100%にした後、だいたいの装備OPは『攻撃速度』『クリティカルダメージ』『攻撃力』の順に揃えていけば問題ない。