料理をするときに、地味に必要になるのがキッチンペーパー。ただ、その置き場所がなかなか難しい。

台の上に立てるタイプのものを使っていたが、場所を取って邪魔になる。壁につけるタイプにしてみるも、滑って落ちてくることがあり、少々危なっかしい。

ということで、しっかりしてものを買うことにした。

 

HULISEN キッチンペーパーホルダーにした理由。

設置場所としては、料理をするときに使えるように、できるだけコンロやまな板があるところの近くということで、上の棚に設置できるタイプのものという点がまず一つ。

そして、棚の厚みを計ってみると1.5cmだったので、固定する厚さを変更できないタイプのものだと隙間がかなりできてしまうということで、少し高いが調節可能なものという点が一つ。

他にも取り外しがしやすい、タオルもかけられる、大きいタイプのキッチンペーパーにも対応可能ということも含む。

 

さっそく注文。
20190503 (2)

注文してみるとこんな感じで届いた。意外と大きい。

20190503 (3)

設置してみるとこんな感じ。さすがタオルもかけられるだけあって、余分が結構ある。今つけているキッチンペーパーはその辺のスーパーで売っている通常サイズのもの。

全く問題なくキッチンペーパーを取り付けることができ、また筒のサイズと金属の棒の部分のサイズがピッタリなので、ずり落ちてくるといったこともない。

 

懸念事項について。

棚の部分に設置するので、棚の扉が閉まらなくなるかもと予想していたが、それほど厚みがないので、ほとんど違和感なく扉が閉まる。

また、写真に少し写っているが、棚の中に棚があり、ハンドルをもって降ろしてくるタイプの棚が付いているのだが、それを降ろしてきても全く干渉することがないので、問題なかった。

 

あとがき

今まで空きスペースだったところに設置できたので、キッチンがより広く使えるようになった。

ただ、問題点としてはけっこう存在感があるので、慣れるまでは「おっ。」という感じになる。まあ、一週間もすれば違和感が無くなるのではないかと思う。

 


HULISEN キッチンペーパーホルダー&タオルハンガー タオルペーパー掛け 穴開け不要 (調整可能タオルペーパー掛け)