どうも、ねんごたれです。

『小説家になろう』の作品で読んだものの内容をまとめておこうと思います。少しでも参考になれば幸いです。※ネタバレ要素満載です。

※題名は『小説家になろう』のページに飛ぶようにリンクを貼ってあります。あらすじは、作品ページから引用してます。


クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればただの鍛治職だった。最弱の彼は、クラスメイトにより奈落の底に落とされる。必死に生き足掻き、気がつけば世界最強・・・というありがちストーリー。
世界観

クラス召喚ものの作品。錬成師という戦闘向けではない職業から世界最強になるというよくある感じの内容だが、その他にも、戦闘シーンや、武器作成、アーティファクト作成など、異世界ものにありがちな内容はほとんどカバーしているといっていい。これを読めば異世界ものの知識は、ほぼ手に入るのではないだろうか。

レベルやステータスなどもあるが、他の作品と比べると、添えられているぐらいであまり気にならない。

ハートマン軍曹ごっこや、中二病など、面白いシーンが盛りだくさんで、全く飽きない。特に、アビスゲートが登場する当たりはワクワクである。

話数は少ないが、文字数が多く、なかなかいい感じで楽しめ、アフターストーリーも豊富。

異世界ものを読むのであれば、是非、一度は読んでおいて損はない作品。

 

もう一度読みたいところ

個人的に好きなのが、序盤の迷宮に落とされ、覚醒するところだ。どん底から這い上がり、魔物を食らい、能力を得ていくシーンは鳥肌ものだ。

もう一つは、神代魔法を習得し、概念魔法まで昇華させた当たりかな。思いを形にできるとかヤバイ。

 

あとがき

行き過ぎた正義が悪だとか、日本刀だとか、銃を振り回す幼女とか、いろんなものが盛りだくさんだ。

アフターストーリーでは、アビスゲート編を中心にしたストーリーを挟んでくるなど、中二病が大好きな人にはありがたい作品だ。それ以外のアフターストーリーも、しれっと連載中みたい。どこまで続くのだろうか。