どうも、ねんごたれです。

『小説家になろう』の作品で読んだものの内容をまとめておこうと思います。少しでも参考になれば幸いです。※ネタバレ要素満載です。

※題名は『小説家になろう』のページに飛ぶようにリンクを貼ってあります。あらすじは、作品ページから引用してます。

北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。
世界観

人が異世界に召喚されるのではなくて、家ごと召喚というかなり大がかりな感じ。偶発的に起こったことで、人が召喚陣を使って召喚するということではない。

召喚先、召喚元の2つの視点で話が進んで行くので、最後はスッキリ終わる感じ。

内容としては、何のとりえもないひきこもりの主人公が、愛犬とともに成長していく物語。特に、コタローの存在は欠かせない。

主人公の能力というわけではないが、ネットに接続して掲示板に書き込み、他人に意見を求めることができる。いわゆる知識チート。

レベルやステータスといったものは存在するが、数字で見えるということはなく、成長痛がやばいみたいな表現で強くなっていくのがわかる。

魔法もきちんと存在し、パロディ的な表現のところはなかなか面白い。

文字数はかなり多く、いい感じで楽しめる作品。

 

あとがき

文庫版ではなく、原作しか読んでいないからわからないが、文庫版は物語が若干書き換えられているようなので、原作を読むことをお勧めする。

最後まで読むと、「コタローっ!!!」ってなること間違いなし!