どうも、ねんごたれです。

友達と釣りに行っても、何も釣れずに餌だけまいて帰ってくることが多いです。「魚を釣りに行くのではなく、育てているんだ。」と言ってもいいかもしれません。

あるときは、日焼けし、蚊に刺され、ルアーは一投目で飛んでいきと、散々な釣りですが、この間やっと釣れました。

 

久々に、手に汗握る。
FullSizeRender

アジ23匹、セイゴ1匹、ガガネ2匹という釣果。なかなか、いい結果じゃないだろうか。

久しぶりに魚の手ごたえがあったものだから、手が震えた。「おっ!おっ!」と声が出てしまう。やはり、釣りは魚が釣れないと面白くない。

 

餌は冷蔵庫の化石。

手が汚れないチューブタイプの餌をいつも使っているのだが、さすがに一年も前のもので臭いがきつい。それを使い切った後は、冷蔵庫の余りものをサビキのカゴの中に突っ込んで様子見。賞味期限の切れた『煮干し粉』だ。それに追加で、賞味期限の切れた薄いチーズのようなものも使ってみた。

チーズにはフグが集り、煮干し粉では魚が逃げた。逃げて、空いた空間にアジが泳いできて、サビキに突撃してきて釣れるという流れ。

そのうち餌を入れるのもめんどくさくなって、何も入れずに垂らしておくと、勝手に釣れた。たぶん、釣れるときは餌とか関係ないのだろう。針についている羽みたいなものが、餌の代わりみたいだし。

ガガネだけは、ワームで釣っていたみたいだ。これは、友達が釣った。

 

使っている竿。

『 EocuSun 釣り竿 スピニングロッド』とかいう竿。コンパクトで持ち運びがしやすい。ベルトに刀のように差したり、クーラーボックスにそのまま入ったりと場所を選ばないのはいい。

けれど、そこそこ竿が固く、サビキなどの手ごたえの小さい魚を狙うのには不向き。釣れないということはないけどね。サビキをするのなら、コーナンとかで売っているセットの竿で十分だ。

なぜこれを買ったのかというと、はじめての竿でどれを買えばいいのかわからなかったからだ。Amazonでリールとセットでお得だったので、ついつい買ってしまったわけ。今思えば、5000円ぐらいのアジングロッドを買えばよかった。

今使っているのが折れたら、アジングロッドを買おうかな。とりあえず、載せとこう。

 

釣った魚は、天ぷらにした。

写真はとってないが、天ぷらにした。唐揚げと迷ったのだが、サツマイモとかもあったので、天ぷらになった。

このサイズのアジであれば、そのまま揚げれば骨まで食べれる。なので、頭と腸をとっただけにしてある。まあ、捌くのがめんどくさいというのが、理由としては大きい。

セイゴとガガネは、骨が大きいので三枚におろして身だけにしないと、口に刺さるので気を付けないといけない。

味付けはシンプルに塩だ。これだけで、ご飯がすすむ。

やはり、自分で釣って、料理して食べるのがうまい!