スポンサーリンク

防災備蓄品に必須のトイレ用品。これは欲しい。

どうも、ねんごたれです。

地域の防災備蓄品を買う機会があり、だったらこれが欲しいということで買わせていただきました。災害時にトイレは必ず必要になるので、買っておいて損はないです。

地域の防災訓練時に出していましたが、なかなか好評でした。

まずはトイレのスペース確保にテント。

折り畳み式のテントです。設置も、後片付けも簡単にできる優れものです。中からチャックが閉められるようになっており、毎回外の人に閉めてもらう必要もないです。

意外と軽量で、設置した後に持ち運ぶこともできます。

ただ、軽いので、風に飛ばされたり、他の人に持っていかれたりするかもしれません。固定ができるような紐が四隅についているので、実際に使う場合は、何か杭を打つなどをしなくてはいけないでしょう。

トイレの便器に。

段ボール製の便器です。便座部分はプラスチックで意外と固いので、便座カバーを付けると使いやすいのではないかと思います。

段ボールで、耐荷重性に問題がありそうですが、実際に100㎏ほどの人に座ってもらった結果、なんの問題もなかったので、体の大きな人が使用したとしても大丈夫でしょう。

ただ、座ったままちょっとずらそうとすると、便座と段ボールがずれてしまうので、何か固定するようなものや、段ボール以外のものを使うというのも手かと思いました。

汚物処理に凝固剤類。

そのまま段ボールの中にするわけにはいかないので、中身が見えない黒ビニール袋と凝固剤がまとめて入ったセットを購入した。

掲載画像を見ると、結構大きなものかと思ったが、予想以上にコンパクトなものが届いた。商品ページにも書かれているが、一番長い辺で235mmしかないので、置き場所には困らないかと思います。

まだ、実際に使ってはないのでわかりませんが、他の人のレビューを見てみると消臭効果はないようなので、消臭剤を別途に購入しておくといいかと思われます。

まあ、使うのは非常事態のときなので、そのあたりは我慢するしかないかとも思われます。

夜間に使えるようにライトも。

闇の中でトイレをするのも怖いので、ライトが必須でしょう。災害時用なので、コンセントや乾電池が不要のものを購入。

手回しで充電でき、ソーラーでも充電ができるので、どんな天候でも対応できるのではないかと思います。

また、非常に明るく、使う分には少しまぶしすぎるのではないかと思います。後から気が付きましたが、点灯モードを替えられるようなので、使う場所によってモード調節すればいいかなと思います。

あとはトイレットペーパーですね。

道具ばかりに気を取られ、トイレットペーパーを買うのを忘れていました。防災備蓄品の中にはトイレットペーパーを置いておくべきですね。ただ、トイレットペーパーの耐久年数ってどのぐらいなのだろうか。そういえば、考えたこともなかったです。

最終、その辺の葉っぱでもいいかもしれませんが、そんな拭くのに使えそうな葉っぱが都合よくその辺に生えているかというのも問題ですね。

多分、古新聞をクシャクシャしたあと広げて使うというのが、妥当な対策何だろうと思われます。

だいたいこんな感じです。

まあ、購入はしたが、使う機会がないほうがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました