【自作PC】今もしパソコンを自作するならこれを作るだろう。

スポンサーリンク

新型コロナの影響で、パソコン需要が高まっています。このまま需要がもっと高まっていけば、どんどんパソコンのパーツの値段も下がると思われるので、需要が高まるのは願ったり叶ったりです。

さて、そんな中、今もし自作PCを作るのであれば、これを揃えるだろうというものを載せておきます。

そろそろ家にある古いパソコンを作り直す必要がありそうなので、そのためのメモ代わりというところです。

もし、誰かの参考になるのであれば嬉しい限りです。

スポンサーリンク

揃えるパーツ

必要なパーツは11種類

自作パソコンに必要なパーツは結構あります。

絶対に必要なものが以下11種類です。

  • OS
  • ケース
  • マザーボード
  • CPU
  • グラフィックボード
  • メモリ
  • 電源
  • SSD
  • モニター
  • キーボード
  • マウス

グラフィックボードについてですが、今回仮定するCPUはFが表記されているものを使用しようと思っているため必須です。

こだわりパーツが5種類

それ以外に揃えておきたいものが、5種類です。

  • HDD
  • CPUファン
  • CPUグリス
  • HDMIケーブル
  • 光学ドライブ

CPUファンやCPUグリスは、だいたいセットでついているので、こだわりたい人以外は必要ありません。

しかし、パソコンがうるさいといったことを無くせるため、揃えておいたほうがいいでしょう。

また、最近ではダウンロードが主流になり、光学ドライブを必要としなくなりつつあります。パソコンのOSでさえインターネットでダウンロードできるので、必要なものはプロダクトコードのみという状況です。

そのため、光学ドライブは必要ないのですが、仕事で使うソフトなどをDVDから読み込む必要がある場合、無いと困るので揃えておきましょう。

各パーツと値段

1から自作する場合の値段

略称名称価格
OS【新パッケージ】Windows 10 Pro 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版25,800
ケースCorsair Carbite 100R Silent ATX対応ミドルタワーPCケース CS5332 CC-9011077-WW6,422
マザーボードASUS Intel® Z390搭載 LGA1151対応マザーボード TUF Z390-PLUS GAMING【ATX】14,373
CPUINTEL インテル Core i5 9400F 17,998
グラフィックボード玄人志向 NVIDIA GeForce GTX1650搭載 グラフィックボード GDDR6 4GB15,109
メモリCORSAIR DDR4-2666MHz 8GB×2枚キット8,473
電源玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 650W ATX電源 KRPW-AK650W/88+7,082
SSDSamsung 970 EVO Plus 250GB PCIe NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V7S250B/EC 9,239
モニター【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチ IPS 薄さ7mmのウルトラスリム VZ239HR11,979
キーボードロジクール 有線 キーボード 耐水 静音設計 K120 USB接続 テンキーあり 薄型 3年間無償保証1,324
マウスロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M546BD2,293
HDDWestern Digital HDD 2TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD20EZAZ-RT 6,421
CPUファンサイズオリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎弐 SCBYK-2000I2,527
CPUグリスARCTIC MX-4 (4 g) Edition 2019 – High Performance Thermal Paste1,150
HDMIケーブルAmazonベーシック HDMIケーブル 1.8m980
光学ドライブAsus Windows10対応 M-DISC対応 最大24倍速書込 SATA接続 DVD/CDライティングソフト付き DRW-24D5MT1,973

合計133,143円です。

完全に新しく作るという前提だとこの値段になります。

すでにパソコンがある場合の値段

すでにパソコンがある場合は、OSを移行したり、HDDをそのまま使用したりできるので、その分値段は下がります。

さらに、ケース、モニター、キーボード、マウス、光学ドライブ、HDMIケーブルがあるものとしてそれも除外するとこうなります。

略称名称価格
マザーボードASUS Intel® Z390搭載 LGA1151対応マザーボード TUF Z390-PLUS GAMING【ATX】14,373
CPUINTEL インテル Core i5 9400F 17,998
グラフィックボード玄人志向 NVIDIA GeForce GTX1650搭載 グラフィックボード GDDR6 4GB15,109
メモリCORSAIR DDR4-2666MHz 8GB×2枚キット8,473
電源玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 650W ATX電源 KRPW-AK650W/88+7,082
SSDSamsung 970 EVO Plus 250GB PCIe NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V7S250B/EC 9,239
CPUファンサイズオリジナル設計 92mmサイドフロー型CPUクーラー 白虎弐 SCBYK-2000I2,527
CPUグリスARCTIC MX-4 (4 g) Edition 2019 – High Performance Thermal Paste1,150

合計75,951円という結果ですね。かなり安くなりました。

現在パソコンを所持しているのであれば、この値段で新品同様の性能になるということです。

自分の家のパソコンをグレードアップする場合は、こちらの値段になりますね。

さらに、電源もCPUファンもそのままでいいのであれば、合計66,342円にまで下がります。

また、このスペックのパソコンは、今使っている自分のパソコンよりも性能がいいため、youtubeの動画編集なども余裕でできます。

4Kの動画編集になると、もっとスペックを上げる必要がありますので注意しましょう。

パソコンを自作しない場合はノートパソコン

ノートパソコンを選ぶ時に見るべきところ

ノートパソコンを選ぶときに見るべきところは、後から変更できない部分です。

メモリやHDDなどは後から自分で変更することができるため、それほど重要視しません。

見るべきところはこちらです。

  • OS
  • CPU
  • 付属ソフト

OSについて

OSはできるだけ、Windows10 Pro 64bitを選びましょう。Proが重要です。Homeだと勝手にバージョンアップされて不具合が生じるときがあるので、Proの方が良いです。

ただ、そんな事態は早々ないので、今までHomeで問題なかったという人はHomeでいいんじゃないでしょうか。自分はPro一択です。

また、素人がいきなりMacに手を出すのは自殺行為です。周りにMacユーザーがいない場合、わからないことがあれば自分で解決しなければいけないため、あまり詳しくないのであればWindowsにしておきましょう。

CPUについて

CPUは「core i5」以上のものを選びましょう。

これまではそれほどCPUが必要になることはなかったのですが、新型コロナの影響で動画のやり取りをすることが予想されるため、「core i5」以上のスペックは欲しいです。

バージョンも大事なのですが、パソコンに慣れていない人にとってはよくわからないと思うので、できるだけ数字の大きいものを選ぶと思っていればいいでしょう。

また、「Celeron」「Pentium」などちょっとかっこいい感じの表記のCPUがありますが、これは「coreシリーズ」よりも性能の低いCPUなので、気を付けましょう。

付属ソフトについて

見るべきは、Officeが入っているかいないかという点です。

もしOfficeが入っているのであれば、Officeの何が入っているのかまでチェックしましょう。

欲しいものは、「Word、Excel、PowerPoint」です。それ以外はいりません。

おすすめのノートパソコン

ここまでの条件のもので、デスクトップパソコンより安いノートパソコンは今の所見つけることができませんでした。

どうしてもWindows10 Homeしかなく、それでもスペックがしょぼいものしか無いという感じ。

どうせ持ち歩かないので、これを機に自作パソコンにしてみたらと思います。

そして、妥協するのであれば、中古でいいじゃないかという意見です。どれほどの中古具合なのかが怖いところではあります。

探してみた結果、こちらのものか。

DELL 中古パソコンショップ 「0799.jp」

こちらのものが妥当ですかね。

中古パソコン&周辺機器 通販ショップ「まーぶるPC」

あとがき

家で使用するのであれば、やはり自作パソコンが一番です。

グレードアップするときは安くすむし、組み立てるのは楽しいしで、いうことなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました