【キングスレイド】シングルでティルファス戦を攻略したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギルド討伐戦で初めに戦う敵、ティルファスなんですが、なかなか倒せない。やはり、てきとうに考えたパーティーではこれ以上のダメージが期待できないので、真面目に攻略法を考えていこうと思います。

スポンサーリンク

絶対零度の神獣「ティルファス」のスキル情報

氷の鞭(15秒後、使用可能)

前方範囲内の敵に魔法ダメージを与え、遠くに押し飛ばします。

凍てついた吐息(25秒後、使用可能)

前方直線範囲内の敵を6回攻撃して魔法ダメージを与え、30%の確率で寒気スタックを付与します。対象の寒気が50スタック以上になると、魔法追加ダメージを与えます。

氷の暴射(20秒後、使用可能)

ランダムな敵3体を5回攻撃して魔法ダメージを与え、ダメージを受けた敵に寒気スタックを付与します。

雪崩(28秒後、使用可能)

姿勢を整え、敵全体を持続的に攻撃して魔法ダメージを与え、寒気を重複させます。このスキルは時間が経つほどダメージが増加し、スキル使用中、ティルファスが魔法ダメージを100回受けるとスキルキャストが取り消され、一定時間転倒して被ダメージが大きく増加し、次に雪崩を取り消すために必要な魔法ダメージの回数が増加します。100→150→200→250→300→350→…

氷の波動(パッシブスキル)

毎秒、すべての敵を攻撃して魔法ダメージを与え、30%の確率で寒気を重複させます。寒気の重複は対象の魔法防御力と回復力を減少させ、最大200スタック重複します。寒気は解除できません。

神獣の甲羅(パッシブスキル)

大地の神獣のティルファスは状態異常が無効化され、攻撃速度と防御力の変化に影響を受けません。また、敵の寒気の重複数に応じて与えるダメージが増加します。

ティルファスのスキルから考える攻略法

寒気は解除できないので、デバフを解除するスキルを持つキャラを編成しても意味がないです。また、状態異常耐性も貫通するようなので、寒気は「魔法回避」のみで防げるようです。

また、状態異常を与えるキャラ、攻撃速度を下げるキャラ、防御力を下げるキャラは編成しても意味がないので、純粋に味方を強化するキャラと、敵の被魔法ダメージを増加させるキャラが必要になる。さらに、味方の魔法防御力、回復力を増加させるキャラも欲しいところです。

ティルファスのスキル「雪崩」を解除するために、魔法ダメージを一定回数当てる必要があるので、魔法タイプのみの編成は確定。そこから、パーティーを決めていきたいと思います。

編成パーティー考察

タンク役(ナイト)1人

魔法タイプのナイトは6人いるが、そのうち魔法攻撃の敵に対して有効なキャラは、ソニア、ジェーン、ネラクシス、モーラの4人。敵の被魔法ダメージを増やしつつ、味方の魔法防御力を上げることができるのは、ネラクシスとモーラ。この2人のうち、どちらかを選ぶとすればモーラです。

モーラは専用武器や超越スキルを組み合わせることで、1人だけで最大80~110%も敵の被魔法ダメージを増加することが可能になるため、採用しないという選択肢はないです。

他のキャラのスキルは、ティルファスのスキル「神獣の甲羅」に無効化されることが多いために採用しないです。

ダメージ役(アサシン)1人

攻撃回数を優先したいために、職業がアサシンの中から採用することにします。

魔法タイプのアサシンは、エゼキエル、エピス、ミリアンヌ、ラウディア、キベラの5人。エゼキエル・キベラは敵の攻撃速度を減少させる効果、エピスは敵を倒したときに自己強化を持つため、採用は厳しいです。したがって、ミリアンヌかラウディアのどちらかを採用することになります。

自分の攻撃力、クリティカルダメージ増加、攻撃速度、防御貫通力、防御力増加など、自己強化が優秀で、生存能力の高いラウディアを採用することにします。

もし、アサシンではなく、ウィザードを編成するのであれば、クレオ、アイシャ、ベロニカ、エスカーが候補に上がります。クレオ、アイシャはダメージがメイン、ベロニカ、エスカーはサポートがメインになります。しかし、ティルファス戦でのサポートは、メカニック、プリーストにお願いしようと思っているのと、それらのキャラが育っておらず、また、活かすことができる装備(武器、宝物)を持っていないために、今回は考えないことにします。

サポート役(メカニック)2人

メカニックの魔法タイプは、アネット、オディ、カラ、クリシャの4人。アネットとオディはサポート役、カラとクリシャはダメージ役になります。ただ、ダメージ役はアサシンに任せているので、メカニックからの採用は、アネットとオディの2人です。

アネットは、味方のクリティカル率、攻撃速度を増加、敵の被魔法ダメージを増加する効果を持つために採用。

オディは、味方のスキルクールタイムの減少、MP回復、攻撃速度増加効果を持つために採用します。

サポート役(プリースト)2人

魔法タイプのプリーストはかなり人数が多いために、よく考える必要があります。ティルファスのパッシブスキル「神獣の甲羅」のために無効化されてしまうスキルも多いため、かなり人数が絞られます。

候補に残ったのが、シア、ラブリル、カウラ、メイの4人。このうち、カウラは気絶効果が主体となるために除外され、シア、ラブリル、メイの3人に絞られました。この3人のうち、育っているキャラを2人採用するだけでいいのですが、回復効果以外にどんな効果を持っているのか少し詳しく見ていくことにします。

シアは、味方の被ダメージ減少、MP回復、攻撃力増加効果があります。

ラブリルは、敵のクリティカル耐性、攻撃速度減少、被魔法ダメージ増加、最も攻撃力の高い味方の攻撃力、クリティカルダメージ増加、MP回復付与が可能です。

メイは、味方全体の攻撃力、防御貫通力、攻撃速度、MP回復、敵を気絶、被魔法ダメージを増加させることが可能です。

この3人はだれをとってもいい感じに強化してくれそうです。3人共育ててみて、実際に試してみないことにはわかりません。ただ、シアは装備オプションで攻撃速度をかなり上げる必要があるため、少し装備厳選難易度が高いのがネックです。

ティルファスの攻略パーティー(6人編成)【2020.02.07更新】

  • モーラ
  • ラウディア
  • アネット
  • オディ
  • メイ
  • ラブリル

攻撃役が1人しかいませんが、その分攻撃役を強化することが可能なので、それほど影響はないようです。ちなみに、試しにこれ以外のパーティーで攻撃役をラウディアのみにしてみたところ、それほど総ダメージに違いがなかったことから、1人でも大丈夫なようです。

ちなみに、攻撃役の武器は今のところ★4です。そのうち★5にしたいものですね。

あとがき

初心者が陥りがちなのが、攻撃役をむやみに増やしてしまうことです。自分も壁役1人、攻撃役4人、回復1人で長らくティルファスに挑んでいましたが、それではほとんどダメージが伸びませんでした。多いときで1800億ダメージといったところです。同じギルド内でもそれ以上のダメージを出している人がいることから、何か攻略法があるということでしょう。そのため、今回改めて考えることにしました。

とりあえず、攻略パーティーが決まったので、あとはこの6人を育てて行くことにします。レベル90、超越5を目指し、ティルファス戦にあった専用宝物、装備オプションを考えてみます。

もし上手くダメージが伸びるようであれば、動画にまとめようと思いますので、今回はこのあたりで。

【追記】メンバー変更が必要

ティルファス戦に状態異常耐性を付けていくのは意味がない。

検証の結果、状態異常耐性が全く意味がないことが判明したので、メンバーの変更が必要になりました。

シアではなくメイを加入しようと思います。

ちなみに、このパーティーでのダメージは、約4000億ダメージでした。攻撃役が1人でも全く問題ないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました