スポンサーリンク

ペン立ての白錆びをピカールで磨いて、プレクサスでコーティング。

放っておくとすぐに汚くなってしまう、ペン立て。

せっかくなので、ピカールで磨いてみた。

ピカールだけでもなかなか。

ピカールはけっこう匂いが手についてしまうので、ゴム手袋をつけて作業をする。

ピカールだけでも、なかなかに綺麗になった。写真写りが良すぎるが、実際はここまできれいに光ってはいない。目で見るのと、カメラで見るのとは違うみたいだ。

仕上げにプレクサスで磨いてみた。

コーティングを兼ねて、プレクサスで磨いてみた。

あんまり、違いがわからないがかなりスベスベになっている。これで、手の油が多少ついたとしても大丈夫ではないだろうか。

今回使った道具はこれ。
ゴム手袋、ピカール、プレクサス、不織布。

布であれば、何でもいいだろう。ただ、ピカールに使ってしまうと、強烈な匂いがつき以後ピカールにしか使えないので、いらない布にするのを勧める。

あとがき

作業中にアブラゼミが飛んできた。せっかくなので、捕まえてみた。やはり、警戒心がうすいせいか素手で簡単に捕まえることができた。

自分が大きくなったせいか、小学校のときに見たものよりだいぶ小さい感じがしてしまう。実際どうなんだろう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました