スポンサーリンク

アジを釣るのにオススメのワームを紹介。大量に入っているものは買わないほうがいい。

イカを釣りに夜の港にいったわけだが、全くもって釣れない、そして魚がいない。これは場所が悪いと思い別の港へいってみるとアジがめちゃくちゃ湧いていた。したがって、急遽アジ釣りに変更したわけだ。

釣果はこちら

いくつ釣ったのかは数えていないが、アジが20匹ぐらい。セイゴとハタとシマアジが1匹ずつという感じ。友人と3人で行った釣果がそれで、捌くのがめんどくさいからと全部もらってきた。これは天ぷらにするために、中骨をすべて取り除いている。そのために捌くのにかなり時間がかかった。

ワームについて

使ったワームは月下美人。

アジ用のワームは何処のものかわからない安いものを買っていたのだが、それは追って来るのだけれど、食いつかなかった。一応、メーカーのものも買っていたのでそれを使ってみたら全然食いつきが違う。

実際に触ってみるとわかるのだが、やわらかさがぜんぜん違う。これが魚を惹きつけるのではないかと思う。安物は見た目はそっくりなのだが、水の中であまりうまく動かないし、やわらかくない。

ただ、安物と言っても100円と400円ぐらいの違いしか無いので、それほど大差はない。

ありがちな失敗談。

youtubeで輪ゴムで釣ったとか、ストローで釣ったとかの動画があるので、ワームは何でもいいだろうと、大量に入っているものを買ったり、ルアーセットになっているものを買ってみたりする。自分もそうやって買ってみた結果、それほど釣れずに終わった。使わないまま放置してしまっているし、ミミズのものは溶けてドロドロになってしまったので捨てた。完全に買いミスだ。

ルアーがたくさん入っているものも、使わない。はじめは使っていたのだが、全部使い切る前に、「あっ、こっちの方がいいやん。」というふうに、自分の欲しい物がわかってくるので、必要がなくなってしまう。

大量のものはどういうときに買うのがいいか。

自分が何を求めているのかがわからないときはそれを買うのがいいだろう。というのも、試行錯誤の回数が単純に増えるからだ。釣りを始めたときは、針を引っ掛けたり、ルアーをほったときにそのまま飛んでいくというのが多い。そのレベルのときに、高いものを買ってしまうと、財布に致命的なダメージが入っていく。そのために釣りが嫌いになってしまうこともあるので、そういうことを防ぐためにも初めは安い大量のものでいい。

ただ、一番いいのは釣り友達を作って、いらないものを譲ってもらうのがいいだろう。釣りをしているのであれば、いらない道具類はかなり溜まっているので快く譲ってもらえることが多い。自分もかなり貰った。ただ、使わずにしまっているのが残念だ。上手く使えるようになりたい。

その他の道具

竿などの道具も同じで、3000円とかの安いものを買うよりも、1万円ぐらいのそこそこいいものを買っておくのがいい。竿の柔らかさで、釣りをしたときに手に入ってくる情報量が変わってくるのがぜんぜん違うのを感じたときはかなりびっくりする。

ただ、小型のアジを釣るのであれば、何でも良さそうである。

竿:シマノ(SHIMANO) 18 セフィア BB S80M

リール:シマノ リール エギング スピニングリール 18 セフィア BB C3000SDHHG

あとがき

それにしても、安物買いの銭失いをしてしまうことがよくある。買うときにこれは安いものでいいのか、そこそこの性能のものが必要になるのかを考える癖を付けておきたい。

こちらはどうですか?

釣り
nen5tareをフォローする
スポンサーリンク
ねんごたれログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました