【Audible】アプリの使い方とアプリでできることまとめ。

スポンサーリンク

Audibleのアプリをダウンロードしたのはいいものの、思ったことができなくて困ってしまいました。

今回は、アプリのダウンロードの仕方とアプリでできることをまとめておきます。

  1. 無料体験Audibleの登録方法
  2. 「アプリの使い方」と「アプリでできること」まとめ←今ここ
  3. ウィッシュリストの確認と本の購入の仕方
  4. 本の返品方法
スポンサーリンク

Audibleのアプリを設定しよう

ストアで「Audible」アプリをダウンロードしよう

App Storeでダウンロードすることができます。iPhone以外の機種でも他のアプリをダウンロードする要領でダウンロードすることが可能です。

検索で「Audible」と打てば出てきます。

アプリを起動しよう

お使いの端末のメディアライブラリにアクセスを求められます。

「許可しない」にしても問題ありません。自分はiTunesと連携するものがないため「許可しない」を選択しました。

サインインしよう

Amazonアカウントでのサインインが求められるので、サインインしましょう。

「プロフィール」から「設定」へ行こう

これで「サンプル」を聞くことができるようになりました。

本をダウンロードする前に、ダウンロードの設定をしておきましょう。

「プロフィール」を押して、右上の歯車マークを押します。

ダウンロードの設定をしよう

「設定」の中にある「ダウンロード」を押して、「Wi-Fi接続時のみダウンロード」をオンにしておきましょう。

これを設定しておくことで、Wi-Fiに接続しているときだけダウンロードすることができます。

ページ数の多い本だと、結構容量が大きいため、ギガホなどの使い放題プランに設定していなければ、この設定は必須です。

アプリで「できる」こと「できない」こと

アプリで「できる」こと

  • サンプルを聴く
  • 欲しい本を「ウィッシュリスト」に追加
  • ダウンロードした本を聴く
  • 会員特典の本のダウンロード

アプリ単体でできることは、それほど多くありません。

あくまでも、本を聴くことに特化していますので、本を聴く以外のことはできないと思っておいていいでしょう。

また、会員特典の本などは無料なため、アプリでダウンロードし聴くことができます。

アプリで「できない」こと

  • 本を購入する
  • 「ウィッシュリスト」の確認
  • 返品などの各種設定

アプリでは、本を購入したり、「ウィッシュリスト」に追加したりしたものを確認することができません。

また、返品などの各種こまごました設定もできないので注意が必要です。

あとがき

アプリの操作で、聴きたい本がダウンロードできないためかなり焦りました。

本の購入などは、Safariなどのブラウザアプリでホームページに直接行く必要がありました。

「ウィッシュリスト」の確認や、本の購入の仕方はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました