【デュエルリンクス】邪王トラカレルの効果がわかりにくい。

スポンサーリンク

「邪王トラカレル」というカードがあるのですが、効果がわかりにくかったです。

どうやら勘違いしていたようで、わかりやすくまとめておきます。

スポンサーリンク

邪王トラカレルの効果 解説

邪王トラカレルの効果

①このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。攻撃力の合計が、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力以下になるように、相手フィールドの表側表示モンスターを任意の数だけ選んで破壊する。

勘違いしていた効果

相手の攻撃力の合計が、自分が生贄にしたモンスターの元々の攻撃力以下になるようにすると思っていました。

したがって、相手の攻撃力の合計が5000で、生贄モンスターの攻撃力が0の場合、0以下にする必要があるので、すべて破壊できると思っていましたが違いました。

正しい効果

選んだ相手モンスターの攻撃力の合計が、生贄にした攻撃力以下になるようにするようです。

したがって、相手モンスターの攻撃力が、700、700、800で、生贄モンスターの攻撃力が2000だった場合、(700・700)(700・800)の組み合わせで選択し、2体破壊することができるようです。

見やすく書き直す

  • このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
  • 相手フィールドの表側表示モンスターを任意の数だけ選ぶ。
  • 選んだカードの攻撃力の合計は、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力以下になるようにしなければならない。
  • 選んだカードを破壊する。

あとがき

なんで「邪王トラカレル」の説明で攻撃力が高いモンスターを生贄にするんだろうと思っていましたが、そういうことだったんですね。

ぶっ壊れ性能かと思っていたのになー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました