水道の蛇口につける白いテープ。シールテープのやり方まとめ。

スポンサーリンク

水道の蛇口をつけるなど、水漏れを防ぐのに必須な白いテープ。名前は「シールテープ」というようです。

最近DIYが流行っているようで、水道などの配水設備を自分で付けてみる人が多くなっている印象です。

自分もそのうち外の手洗い場を直そうかと思っているので、シールテープについてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シールテープの選び方

テープの幅は2種類、8mmと13mm

テープの幅は2種類あるようです。

蛇口などネジ部分の幅が短いものは、小さいサイズを購入するようにしたほうが良さそうですね。

こちらが、8mm

こちらが、13mm

長さの種類は多い

長さは、1m、5m、10m、15mと多いです。

ただ、一般の人が一度に使う量は少ないです。業者の方のように大量に使用するものではないため、長さの短いもので十分でしょう。

どこのものでも大丈夫

調べてみると、シールテープは製品にそれほど差がないようで、どれを選んでも大丈夫のようです。

大量に必要なときや道具をまとめて購入するときはネットで、すぐに必要なときはホームセンターで入手するのが良さそうです。

シールテープの巻き方

参考動画

シールテープの巻き方 MB176B MBシールテープ
絶対に滑らないシールテープの巻き方!【給水配管】PIPETITE-Stik

参考サイト

こちらのサイトには、やったらダメな巻き方などが掲載されており非常にわかりやすいです。

自分でシールテープを巻くときは、こちらを確認するのが良さそうですね。

大まかな注意点は4つです。

  • ネジの先端から巻かない
  • 巻く方向を間違えない
  • ツメで馴染ませない
  • 逆方向に回したら巻き直し

あとがき

シールテープ自体には、粘着力などないようなので、「全然くっつかないな。」と思っても心配いりませんが、剥げてくるようなら上手く馴染んでなさそうです。

まあ、巻き方さえ間違えなければ、大丈夫でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました