スポンサーリンク

夜バーベキューにもってこいのソーラーライト。『Mpow 8 LED』より良いのが出た。

夏といえばバーベキュー。昼間なら何も問題ないですが、夜にするとなると困るのが明かりです。

そう、明かりがないと肉が焼けているのかわからない。

半生は勘弁してほしいし、黒焦げも無理。携帯のライトも電池の持ちが心配。では、どうするか。

ランタンならどうだろう。

image

今まで使っていたのがこのランタン。

なかなかオシャレ感があっていいのですが、暗い。

image

その辺に落ちている木につるしてみるが、ほとんど見えない。肉まで光が届かないので、焼けているのかわからず、黒焦げか生の2択という状況。燃料も補充しないとダメだし、火もつけるのが一苦労。そして、暗い。

雰囲気はいいんですけどね。バーベキューには向いてないです。

ソーラーライトを導入。

image

庭に取り付けてあるソーラーライトをちょっと細工してみた。こんな感じ。

電動ドライバーがあればさっと作れます。下の板は以前作った机のあまりです。多少不格好だが気にしない。

肉を焼き始める。

image

外はほの暗くなってきましたが、ライトはつきません。どうやら、完全に暗くならないとつかないみたいです。

仕方がないので業務用のライトを付ける。このライト、明るいのですが熱量がすごい。ただでさえ暑いのに、さらに暑い。これは困った。

暗くなると、ソーラーライトが点灯したので、業務用のは消しました。手元はなかなか明るくて、ちょうどいいです。

やはり肉が焼けているのかを見えるのは大きいです。

写真は撮り忘れていたのでなしです。

このライトは、常時点灯の機能がないので、ある程度時間が経ったら、消えてしまい、少し経ったらまたつくの繰り返し。ライトが2つあれば、うまいこと交互に使用できたかもしれないが無いものは仕方がない。

まあでも、途中で電池が切れるということもなく、3時間ぐらいは余裕でついていたので、使用には問題ないかと。

明るすぎて上映の邪魔になる。

image

プロジェクターで映画を壁に映すのは、なかなかよかった。

ただ、このライトはセンサーで点灯するので、上映の邪魔になり除けられた。

image

蚊取り線香を照らすライト。心なしか背中がさみしい。

【あとがき】七輪にぴったり。

火はすぐにつけれるし、火力は十分。手入れも簡単。そんな七輪でも、夜は手元が見にくい。そこを補えるのがこのライトだ。

適当に作った割には高さもピッタリだった。これなら、夜に海岸でバーベキューもできるな。今度から大活躍しそう。

もちろん、ガーデンライトにも使えます。まぶしすぎて高さを調節しないと、むしろ見にくいぐらい明るいです。センサーの感度もよくて、前を通ればすぐに点灯します。

【追記】ZEEFO 20LED のソーラーライトが上位互換。

三つのモードが追加され、ボタン一つで切り替えが可能。

常時点灯モードに切り替えれるようになったので、いちいち消えたりしなくてすむ。

バーベキューにはこっちの方がいいね。

LEDが8個から20個に増えてさらに明るい!

値段は変わらず、一つ千円ぐらい。

うん、今度からこっちの方を買おうかな。そのうち、もっといいのが出るのだろうか。

【追記】もっといいのが出た。『 ソーラーライト 4面発光 100LED 』

なんとLEDの数が100個になってる。それで値段はそれほど変わらないという驚きの価格。

技術革新ってすごいよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました