【DaVinci Resolve 16】選択したものだけを消したいときは「BackSpace」

スポンサーリンク

「DaVinci Resolve 16」で作業をしているときに、テキストや動画をやり直したくて削除する場合があるのですが、その上下にあるものまで消えてしまうのでなんでかなと思っていました。

どうやら、「選択を削除」「リップル削除」で機能が違うみたいなので忘れないようにまとめておきます。

スポンサーリンク

消し方は2通り

BackSpaceを押そう

選択したものだけを消したい場合は、「BackSpace」を押しましょう。

「選択を削除」と書かれていますが、選択しているのを解除するのではなく、選択しているものを削除します。

Deleteを押すと全部消える

ついつい癖で「Delete」を押してしまいますが、「Delete」は「リップル削除」といってそのタイムラインの時間に入っているものをすべて削除します。

その時間を飛ばすため、ジョジョのキングクリムゾンと思っておけばわかりやすいと思います。

あとがき

ついつい「Delete」を押してしまいますが、動画編集のときは「BackSpace」を押す癖をつけたほうがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました