【Windows10】Bingで検索できない。そんなときは設定を変更しよう。

スポンサーリンク

学校や職場などでパソコンやタブレットを渡されたときや、家の古いパソコンを初期化したりしたときにインターネットをしようとすると、はじめに出てくる検索エンジンが「Bing」のときがないですか?

そのまま検索したい言葉を入力して検索しても、検索できないというのがよくあります。

また、「Bing」検索ではなく、「Yahoo」検索や「Google」検索を使用したいという方もいるでしょう。

そういうときの対処法を書いておきます。

スポンサーリンク

変更する設定は3箇所。

インターネットのアイコンを押したときに表示されるページが「bing」になっていることが問題なので、表示されるページをGoogleに変更してしまいましょう。

右上に表示されている「…」のところで変更できます。

ショートカットキーはAltXです。

ここで開かれたメニューの「設定」のところを選択しましょう。

「起動時に開くページ」を変更しよう

インターネットのアイコンをクリックして、一番はじめに開くページを変更しておきます。

「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」が初期設定で「スタート ページ」となっているので、これを「特定のページ」に変更します。

アドレスを入力することになるので「google.com」と入力しましょう。すると、googleのホームページに設定することができます。自動的に変換されるので、「http」と打つ必要はありません。

ホームページの設定

ここを変更しておくことで、ホームのマークを押すだけで「google」のホームページに飛ぶことができるようになります。

下の方へスライドすると「ホーム ページの設定」という項目があります。ここもスタートページになっているので、同様に「特定のページ」→「google.com」と変更しておきましょう。

「アドレスバー検索」の検索プロバイダーの変更

アドレスバーを使用して検索するときに使用するものを「google」に変更しておきます。ここを変更しなければ、自動的に「bing」検索になってしまうという落とし穴です。

先程までは「全般」のところで設定していました。今回は「詳細設定」です。「詳細設定」を選択し、下の方へスライドすると「アドレス バー検索」という項目があります。そこの「検索プロバイダーの変更」をクリックしましょう。

ここに「Google 検索」が出てくると思います。出ていなければ、一度閉じてから再度開くか、googleで一度検索する必要があります。

ここで「Google 検索(自動検出)」を選択し、「既定として設定する」をクリックしましょう。

スポンサーリンク

新しいタブを押したときにGoogleで起動したいのに。

新しいタブを押したときにGoogleのページが表示されるのが一番いいのですが、どうやらその部分を設定することができないようです。

そのため、新しいタブを押した場合は、アドレスバーで検索するか、一度ホームボタンを押す必要があります。

どうしても嫌な場合は、Windows Edgeを使用するのをやめて、Chromeに乗り換えましょう。

あとがき

これで、無事に「bing」検索を使用せずに「google」で検索することができるようになりました。

人によっては、「Google」よりも「Yahoo」の方がいいという人もいます。その人は「google.com」と打ち込んだところに「yahoo.co.jp」と打ち込みましょう。

初めに起動するときは「yahoo」にしておき、検索バーは「google」で検索できるようにしておくといった設定にもできるので、自分の使いやすい設定にしておくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました