アイデス「D-bike Dax」の組み立て方。

アイデス「D-bike Dax」を入手したのですが、組み立て方がわかりにくかったのでまとめておきます。

スポンサーリンク

「D-bike Dax」の組み立て方

箱から取り出すとこんな感じ

箱から取り出すとこんな感じになってます。

ハサミを用意して、括られている部分や緩衝材をすべて取り除きましょう。

後輪を取り付けよう

後輪を取り付けましょう。

留め具に丸いものがあるのでそれを探して取り付けます。

取り付けるときは、付属されている器具を使いましょう。

素手で取り付けようとしたのですが、どうしても入らなかったので素直に器具を使うことをオススメします。思いっきり押し込むとなんとかはめることができます。

カバーを取り付けよう

固定器具がきちんと取り付けられたらカバーを付けましょう。

引っ掛ける部分がきちんと設置されているので、よく見て取り付けましょう。

紐を引っ張って前輪を持ち上げよう

尻尾のかわりの紐を引っ張ると前輪が持ち上がるので、引っ張りながら前輪を起こしましょう。

ハンドルを起こそう

レバーを引っ張ると、留め具が引っ込みます。

引っ込んだらハンドルを起こして手を離し、レバーを回して固定しておきます。

組み立てが完了

組み立てが完了するとこんな感じです。

あとがき

組み立てが必要になるとギョッとしてしまいますが、別途道具を準備する必要がないのでそれほど手間ではないですね。

バイクのサイズですが、服のサイズが90~100ぐらいでやっと足が届くというような感じでした。足が短いので限界まで前に移動して座っていますが、バランスを崩すということはなかったです。結構安定していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました