地下散水栓を使いやすくしたい。蓋を開けっ放しホース繋ぎっぱなしでオッケー。

地面に埋まっているタイプの蛇口「地下散水栓」なのですが、非常に使いにくいです。

アダプターのようなものを取り付けて、ワンタッチでカチャッとホースを取り付けられるようにしていたのですが、ハンドルを回すときに引っかかってしまうので、更に使いにくかったです。

そこで、もっと使いやすくするために新しく「地下散水栓ニップル」を購入しました。

地下散水栓を使いやすくする方法

準備するもの

takagiの「地下散水栓ニップル」を準備しました。ホームセンターにも売ってます。

取り付けに、器具は特に必要ありません。

すでに付けているものは取り外そう

もともとこんな感じで使っていたのですが、蛇口のハンドルが引っかかるので取り外します。

ドライバーでネジを外し、引っこ抜きます。

その後、もともと先についている金属部分も取り外しましょう。

準備したものを取り付けよう

取り付けてます。

手で簡単に回せるので取り付けやすいです。少し大きいかなとも思ったのですが、水漏れしなかったので大丈夫でしょう。

ホースを取り付けて終了

ホースを取り付けて終了です。

取り外した金属部分はどこかに保管しておきましょう。まあ、捨てても問題ないとは思います。

あとがき

地下散水栓のフタは常に開きっぱなしで、ホースはつなぎっぱなしです。閉めても開けてもダンゴムシの巣になってしまうので、どっちにしろそうであれば開けっ放しで問題なしです。

子どもや老人が引っかかってコケないようにだけ注意しましょう。

これで、高圧洗浄機やホースリールも簡単に取り付けることができるようになったので、おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました