スポンサーリンク

『美尻クッション』から『ゲルクッション』に変えてみた。お尻がすごく楽で尾骨が痛くない。

長時間椅子に座っているとき、いざ、立ち上がろうとすると、尾骨が痛くなるということが多々あり、椅子の上に『美尻クッション』を置くことで解決していた。

しかし、使い続けていると、クッションは固くなるし、何より、椅子の上をよく滑ってしまうので、安定性がなく、なかなか使い辛いということが分かった。

さらに、座っていると段々暑くなってくるので、そろそろ夏ということもあり、買い替え時かなと思っていた時に、『ゲルクッション』なるものがあることを知った。

『Serene freestyle ゲルクッション 』を買ってみた。

値段は約2500円。サイズは、それほど、大きくはなく、お尻よりちょっと大きいぐらい。

中身が六角形の蜂の巣型(ハニカム構造)になっており、座ったときの安定性は抜群である。

また、カバーの後ろに滑り止めが付いているからなのか、ハニカム構造が椅子の表面にあわせて変形するからなのかはわからないが、座ったときに、ゲルクッションが椅子の上をすべることもないので、いちいちクッションのポジションを合わせる必要がなく、そのまま座れるので、楽ちん。そして、座ったときのピッタリ感は、かなりいい感じだ。

いいところ

『美尻クッション』とは違い、カバーを外して洗濯が可能で、しかも乾きやすい。中身はPTEゲル?でできているので、水洗いできそうだ。ただ、乾かすときに、直射日光が当たるところに干すのはちょっとダメな気がするので、そのときは、陰干しがよさそうだ。

中身が綿でないので、熱がこもりにくく、また長時間座っても固くならないので、お尻が痛くならない。

座り方によって、クッションの形が変わるので、安定感を損なわない。つまり、普通のクッションであるなら、「ここが、もうちょっと綿少な目だったら完璧なのに。」といったことがないということだ。これはいい。

商品ページの紹介通りではないところ。

確かにフワフワと座っている感はあるが、無重力ではない

夏用で涼しいとあるが、そこそこ熱い。この性質を発揮しようとしたら、椅子の座面が通気性のあるものでないとダメではないだろうか。実際、椅子の上に置いてしまうと、ハニカム構造の中に暖かい空気がたまる一方である。

あとがき

それでも、『美尻クッション』よりかは、夏向けである。

何より、座ってから立ち上がるときに、凹んだ部分が起き上がってくるので、急に力が入らなくなるといったことがないので、お尻や腰にやさしいのがうれしいところだ。

あとは、耐久性がどれほどあるのかが気になるぐらいかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました