スポンサーリンク

滅茶苦茶簡単に、釣り竿立てを作ってみた。いい加減にするとよくない。

釣り竿が増えてきて、その辺に立てかけておくのもどうかと思うので、作ってみることにした。

材料は使わなくなった自作の机を解体した時に出たもので、お金はかかっていない。

切ってネジで止めるだけ。

いい感じに木を切って、あとはネジで止めるだけの簡易版。

それぞれに一カ所しか止めていないので、プランプランのままだ。

それでも、置いてみるときちんと立つのだから、それでいいんじゃないか。

適当に作ると寸法が合わない。

「だいたいこんな感じだろう。」で作ってみると、案の定上手くいかない。

リールがぶつかる。リールにあわせて高さを調節しないとダメなようだ。

修正後

5本ぐらい立てられるかなと思ったが、リールのハンドルが場所をとり、3本しか立てられなかった。

幅も長さを測って作らないとダメなようだ。

あとがき

今回はここまで。

また気が向いたら、もう少しマシなものを作ろうかと思うが、全然これでいい気がしてくるから困ったものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました