「LifeFair 収納スツール」を壊してしまった。自分で修理しよう。

スポンサーリンク

ちょっと急いでいて、勢いよく飛び乗ったらベキッといってしまった。幸いにも怪我はしなかったけれど、収納スツールは無残にも壊れてしまいました。

4680円もしたので、1年使用して捨てるのはもったいないので、修理して使うことにします。

スポンサーリンク

「LifeFair 収納スツール」を修理しよう

必要な道具

  • ラジオペンチ
  • 木工用ボンド
  • ホッチキス

結構ホッチキスで止められているので、形を直したり、引っこ抜いたりするためにラジオペンチが必要です。

補強用に木工用ボンド、布を留めるのにホッチキスもいりますね。

ホッチキスは、完全に開くことができるものを準備しましょう。

板をもとに戻そう

板はホッチキスのみで留められていました。

したがって、まず板を元の位置に戻すために、ホッチキスの針が曲がっている部分は伸ばして、うまいこと元の位置に刺し直します。

布が外れていればやりやすいですが、外れていなければ、破ります。板が優先です。

ボンドで補強しよう

木工用ボンドで補強します。元々ホッチキスだけでは無理があったと思います。

これで元よりも頑丈になるはずです。

乾くまでまとう

木工用ボンドは乾くまでに少々時間がかかります。

完全に乾くまで待ちましょう。半日ぐらいですかね。

布をホッチキスで留めよう

布が皺にならないように伸ばし、ホッチキスで留めれば完成です。

メインの天板は、結構分厚いので、ホッチキスで留めても出てくることはないです。そもそもホッチキスで留められていたので、大丈夫でしょう。

あとがき

結構気に入っているので、無駄にならずにすんで良かったです。

長いものは、真ん中の耐久性がどうしても悪くなってしまうので、中に服などをパンパンに詰め込んで置くと安心です。

中身が少ないと、どうしても中の板が倒れてしまうんですよね。

今度購入するときは、少し小さいものにしようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました