USB充電器か、電源タップにUSBがついているものにするか。

スポンサーリンク

USB充電器単体のものを購入するか、電源タップにUSBの端子がついているもの(USBタップ)にするのか悩みどころです。

基本的には、USBタップがオススメで、急速充電したい場合はUSB充電器単体のものを購入するようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

USBタップを使うメリット・デメリット

サイズは小さめ

エレコムのUSBタップを購入してみたところ、全体的なサイズですが、他の電源タップに比べ小さめです。

急速充電が必要な場合は取付可能

急速充電が必要な場合は、別途取り付けるといいと思います。

LEDがなくて寝やすい

USB充電器の高速充電タイプのものはだいたいLEDが光っており、寝るときに明るくて寝にくいです。

USBタップであれば、光らないので寝やすいです。

電源タップの上が混雑しない

電源タップの上にUSB充電器をいっぱいさすと重いし、混雑するし、場所を取るしで大変です。

もともと電源タップにUSBがついているとそういう心配もなく見栄えもいいです。ゴツくなりません。

USBの方は合計最大値が決まっている

USBの方ですが、合計の最大値と1ポートの最大値が決まっており、同時に充電しようとすると、充電速度が落ちるので注意です。

  • USB定格出力電力:合計最大17W(1ポート最大12W)
  • USB定格出力電流:合計最大3.4A(1ポート最大2.4A)

Appleの純正の小型のもので5W、純正の大きめのもので12Wだと考えると、全くもって問題ないです。

すべてを同時に使うことはまず無い

すべてを同時に充電することなどほとんどないし、あったとしても寝ている間に充電しているので、充電の速さは気になりません。

使う可能性としては、iPhone、iPad、kindle、ワイヤレスイヤホンで4箇所考えられますがまず無いですね。使ってもiPhone、kindleぐらいでしょうか。2つだとなんの問題もないですね。

あとがき

USBタップは充電速度が遅いから嫌だなと思っていたのですが、純正のものもだいぶ遅いという事実は知りませんでした。

純正のものを使って今まで問題がないのであれば、USBタップを使用しても違和感がほとんどないと思われます。むしろ見栄えがスッキリとしていい感じですね。

また、USB充電器にLEDを取り付けるのはまじでやめてほしいですね。その分を充電に回してほしいぐらいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました