Wi-Fiルーター「WSR-A2533DHP3」の上位互換が12月上旬に発売予定。

スポンサーリンク

先月Wi-Fiルーターを買い替えたのに、完全上位互換の「WSR-3200AX4S」が12月上旬に発売されるようです。

もう少し早く発表してくれれば良かったのに残念ですね。

ここでは、「WSR-A2533DHP3」と「WSR-3200AX4S」で変わったところをまとめておきます。

スポンサーリンク

「WSR-3200AX4S」で良くなっった所

公式サイトはこちらです。

Wi-Fi 6(11ax)で通信スピードが約1.4倍

Wi-Fi 6(11ax)に対応しているので、通信速度が1733→2401Mbpsにアップしています。

新機能「OFDMA」で通信までの速度がアップ

たくさんの端末でWi-Fiを使用していると、Wi-Fiに接続するまでに多少の時間がかかっていました。

それが、複数に同時接続可能になったため解消されているようです。

TWT(Target Wake Time)対応で省電力

端末側も対応している必要があります。iPhoneシリーズであればiPhone11から対応しているようですね。

TWTが何なのかというと、使っていないときには、Wi-Fiに常時接続せずに済みます。つまり、「使っていないのに電池の減りが早いな。」と思っていたのが解消されます。

Wi-Fi6に対応している必要があるため、古い端末を使用している人には効果がない機能になります。

より強固なセキュリティー「WPA3」対応

iOS14からセキュリティーが強化され、WPA2以上のセキュリティーに対応していないと「安全性の低いセキュリティ」と表示されるようになってます。

これは「WPA3」に対応しているので、問題なく最新の端末を使用することができるというわけです。

あとがき

「WSR-A2533DHP3」と「WSR-3200AX4S」の違いをまとめてみました。

完全上位互換になっているので、これから購入を考えている人は「WSR-3200AX4S」を購入するといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました