【DaVinci Resolve 16】ビンの名前を日本語にする裏技。

スポンサーリンク

「DaVinci Resolve 16」では、ビンの名前を英語でしか設定することができません。

どれほど「半角/全角」ボタンを押そうが意味がないです。

そこで、名前を日本語で保存する方法を載せておきます。

スポンサーリンク

ビンの名前を日本語にする裏技

IMEの無効を解除して日本語を打とう

ビンが日本語にできない原因は、「IMEが無効」になっているためです。

普段は「A」「あ」などと表示されていると思いますが、ビンの名前を変更しようとすると、これが「✕」になってしまっています。

そこで、名前の編集画面を出したときに、タスクバーを押すなど「DaVinci Resolve 16」以外の場所をクリックすることで、「無効」状態を一時的に解除することができます。

これで、日本語が打てるようになります。

コピペして貼り付けよう

IMEが無効になっていても、ショートカットキーは通常通り作動します。

そこで、ショートカットキーのコピー・アンド・ペーストを活用します。

保存したい名前をメモ帳などで打ち込んでおいて、Ctrl+Cでコピーし、Ctrl+Vで貼り付けをしましょう。

そうすることで、日本語名で保存することが可能です。

あとがき

このコピペの方法は、エクセルのフリガナを打ちたいのに、日本語にならないときなどでも使用することができるので、覚えておいたほうが便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました