【自作PC】PCメモリの付け方。マザーボードの説明書を見よう。

スポンサーリンク

マザーボードにPCメモリを付けるときに気をつけるところをまとめておきます。

スポンサーリンク

PCメモリの付け方

DDRがマザーボードと合っているかまず確認しよう

PCメモリを購入するときに、マザーボードがどのDDRに対応しているのか確認しておきましょう。

最近のマザーボードは、「DDR4」になっています。古いパソコンのメモリを付ける場合は、DDRに気をつけましょう。

説明書をチェックしよう

ATXのマザーボードには、メモリをさすところが4本あります。

基本的に2本使うことになるため、どこに挿せばいいのかマザーボードの説明書を確認しましょう。

レバーを開いておこう

使う部分のレバーを開いておきます。

開いておかないとメモリはさせません。

真上から真下に押し込もう

メモリはピッタリささるようになっているため、なかなか挿しにくいです。

うまく合わせたら、メモリの両端を押さえて真上からまっすぐに押し込みましょう。レバーがカチッと閉じて最後までささっていれば大丈夫です。

今回使用したマザーボードとメモリ

今回使用したマザーボードは「ASUS INTEL Z490 搭載 LGA1200 対応 TUF GAMING Z490-PLUS」、メモリは「 Kingston デスクトップPC用メモリ DDR4 3200MHz 8GBx2枚 HyperX FURY」です。

あとがき

メモリを付け替えることが出来るように慣れば、古いパソコンの性能を上げることが出来るので、覚えておいて損はないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました