【自作PC】光学ドライブ(DVDドライブ)の選び方。

スポンサーリンク

光学ドライブ」というのは聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うとCDやDVD、Blu-rayをパソコンに読み込むための機械です。ボタンを押せば出てくるあれですね。

これがなければ、DVDに保存されているソフトのデータも、CDのデータもパソコンに入れることができません。

ノートパソコンの場合は、もともと内蔵されているので問題ないですが、デスクトップパソコンを組み立てるときは選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

光学ドライブの選び方

Blu-rayを読み込む機会があるのか考えよう

Blu-rayディスクが読み込めるものとそうでないもので値段が大きく違います。

  • Blu-rayあり:約1万円
  • Blu-rayなし:約2000円

したがって、Blu-rayを読み込む必要がないのであれば、通常の光学ドライブを購入するようにしましょう。8000円あるのなら別のパーツをグレードアップできます。

また、Blu-rayはPS4、PS3などでも再生可能なため、映画やアニメを再生するだけであればゲーム機を購入するほうがいいでしょう。

どこのものを購入するか

どこのメーカーも値段と性能がそれほど変わるということはないため、自分の好きなメーカーでいいと思います。

自分はマザーボードがASUSなので、ASUSの光学ドライブを購入しています。接続するものが同じメーカーだと不具合が少ないような気がします。

Blu-rayを読み込めるものはこちら

Blu-rayが読み込める光学ドライブは通常1万円ほどしますが、こちらのASUSのものであれば、6500円ぐらいで購入可能です。

もう一台のパソコンの方に取り付けていますが、問題なく使用可能です。ただ、Blu-rayを読む機会がほぼ無いため、無駄な機能になってしまっています。

あとがき

キューブ型やスリム型のPCケースには、光学ドライブを取り付けることができないものもあるため注意しましょう。

光学ドライブは自作PCに必要だと書きましたが、最近はソフトのデータもダウンロードなため、ますます使う機会が少ないです。

自分も、家にあるCDの音楽データをmicroSDに移すぐらいしか使用していません。

それでもたまに必要なため、持ち運び可能なポータブルタイプのものを持っておくとどのパソコンでも使用可能なので、こちらのほうがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました