【Switch】充電の線にさすとスリープが解除されてしまうときの対処法。

スポンサーリンク

Nintendo Switchをスリープにしてから充電しようとすると、勝手にスリープが解除され、電源が入ってしまいます。

ドックに置いたときも同様に解除されてしまい、画面がついた状態になってしまいます。

そうなってしまうと、再びスリープにしなければなりません。非常にストレスです。

ここでは、勝手にスリープが解除されないようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

スリープの自動解除をオフにする方法

どうやら初期設定で、充電するときにはスリープが解除されるようになっているようです。

したがって、その機能をオフにしましょう。

「設定」をタップしよう

自動解除は、「設定」の中にあります。

「スリープ」を探そう

下の方へスライドしていくと、「スリープ」という項目があります。

この中に、「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」という項目があります。初期設定では「ON」になっています。

この設定のせいで、スリープが勝手に解除されてしまうようです。

「スリープ解除」をOFFにしよう

Aボタンを押すことで、「OFF」にすることができます。

これで、スリープが勝手に解除されなくなります。

あとがき

この設定にすることで、ドックから取り出したときなどにスリープが解除されなくなってしまいます。起動するときは、家マークのホームボタンを押す必要が出てきます。

まあ、スリープをもう一度選択する手間に比べればどうってことありません。

これで、だいぶ楽になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました