3Mコマンドフック「CMG-SS-CL」を購入するときに注意すること。

スポンサーリンク

配線整理するのに3Mのコマンドフック「CMG-SS-CL」を購入したのですがミスったのでまとめておきます。

スポンサーリンク

コマンドフックを購入するときの注意点

対応コードサイズに注意

コマンドフックは柔らかそうに見えてかなり硬いので、挟めるコードの太さに余裕がありません。

対応するコード以上の太さのコードは基本的に挟めないので注意しましょう。

対応するコード径

  • ミニサイズ:3mm
  • Sサイズ:6mm
  • Mサイズ:12mm

ライトニングケーブルは3mmなのですが、ミニサイズではギリギリでコードが損傷したのでSサイズより大きいサイズを購入したほうが良いと思います。

コマンドフック 使い方

箱から1個ずつ取り出す

箱から1個ずつ取り出します。

フック自体はプラスチックのバリが出てくるので、使用する頻度が多いのであればバリ取りをしておくほうが良いかもしれません。

壁面を貼り付け

壁面を剥がして、壁に貼ります。

剥がして貼り付け

両面テープの表面を剥がして、フックを貼り付けます。

1時間ぐらい置いておく必要があるみたいですが、かなり頑丈に貼り付けることができました。

3mmだけど3mmは狭い

3mm径なのですが、ライトニングケーブルでは太すぎるようで、ネジ入れて取り外すと少し損傷していました。

もう少し大きいサイズを購入したほうが良さそうです。

あとがき

コードをまとめるのであれば、「セイワのミニフック」の方が使い勝手がいい感じでした。

コマンドフックのミニサイズは中身が多いですが使い勝手が悪いので、購入するのであればSサイズ以上にしておいたほうがいい感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました