車のリアバンパーをぶつけて浮いた。自分で直す。

バックしているときに右側をぶつけたみたいでリアバンパーが少し浮いています。

これぐらいであれば自分で直せるみたいなので直してみることにしました。車はトヨタのアリオンです。

スポンサーリンク

リアバンパー側面の浮きの直し方

準備した道具

準備したものはいっぱいあったのですが、結局ドライバーセットがあれば大丈夫でした。

リアバンパーの留具を外す

まずはリアバンパーの留具を外します。

タイヤ側から見てみるといかにも留めてますみたいなクリップがあります。これは今回関係ないみたいで赤丸部分の裏側具合に結構大きなネジが付いています。

カメラで見てみてもわかりにくいので指で触って確認しましょう。

真下から覗くとプラスのネジがあります。

見えないので回しにくいですが、一番大きなプラスドライバーで外しましょう。

バンパーを剥がしてはめ直し

ネジを外してゆっくり引っ張ると剥がれます。すでに半分以上浮いているので外しやすいです。思いっきりやるとバンパーが折れるので慎重に剥がしましょう。

赤丸の凹んでいる部分は柔らかいので、指で少し直してはめ直します。

注意するところですが、はめるときは車の後ろから順番に確実にはめていきましょう。引っ掛ける部分にきちんと引っかからないと浮いたままになるので注意です。

ネジ止めして終了

上手くはめることができれば、ネジで固定し直して終了です。

少々汚れているので、直した後はキレイに拭いておきましょう。

あとがき

浮いていたのは本来留め具できっちりはまる部分がズレていただけだったようで、意外と簡単に直すことができました。後部の削れた部分は直せないですが、当てて浮いた部分は直せて良かったです。

浮いていたときに出ていた部分は雨が降ると水がたまり汚れやすいので、キレイに拭き取っておきましょう。汚れが落ちれば直した部分はそれほど気にならなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました