スポンサーリンク

【DAVINCI RESOLVE 16】落ちないグラフィックボードはこれ。

core i5 8400の内蔵GPU『Intel UHD 630』で、DAVINCI RESOLVE 16 を動かしていた。

起動してから編集するまでにごちゃごちゃした手順があることや、編集したとしても720pまでしか画質をあげられないなどの理由により、グラフィックボードを購入することにした。

購入したグラフィックボード

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB

購入したのは、玄人志向のグラフィックボードだ。説明書などは付属していないのが玄人志向の特徴だが、ホームページである程度確認できるので問題ない。そして、使い方も難しくなく、挿すべきところに挿せばいいだけだ。

気をつけるところといえば、グラフィックボードのHDMIからケーブルを引っ張るということぐらいだ。これをしないと画面が起動しないばかりか、グラフィックボードを追加した意味がない。

これに決めた理由

こちらのドスパラが出しているグラフィックボードの性能の比較のグラフを見てみたところ、1050Ti<1650<1060という感じだったので、間を取った感じだ。

1060に比べて値段も手頃だし、メモリも4GBあるので多分動くだろうと思って購入した。

パソコンのスペック

略称製品名
OSwindows10 pro 64bit
CPUIntel CPU Core i5-8400
マザーボードASUS TUF H370-PRO GAMING
メモリTEAM DDR4 PC4-19200 8GB×2
SSDSamsung SSD 250GB 970 EVO M.2 Type2280
グラフィックボード玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1650

前回の内蔵GPUに比べて格段に性能が上がった。これでどうなったかを見てみよう。

動画比較

内蔵GPUの動画

【キングスレイド】夏季特別公演!イベント。幻想のアンコール1『鉱石トータス』攻略。

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1650 の動画

【キングスレイド】2019ハロウィンスペシャルダンジョン4 ゴーストハンターカラ攻略。

評価

内蔵GPUだと、【DAVINCI RESOLVE 16】の画質などを最低ラインまで落とさなければ編集できなかったが、グラフィックボードに変えた結果、1920×1080のFullHDまで解像度を上げてもらくらく編集できるようになった。そのために、720pで出力しても荒かった動画が、1080pでの出力が可能になり格段と動画の画質が上がった。

また、タイムライン解像度やプロキシモードでいちいち設定をイジる必要がなくなったので、編集が楽になったのも大きい。

あとがき

これから動画の編集をしようと思っているのであれば、内蔵GPUではなくて、グラフィックボードを購入することをオススメする。使用時に毎回落ちる手間が省けるのはかなり大きいよね。

こちらはどうですか?

PC関係
nen5tareをフォローする
スポンサーリンク
ねんごたれログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました