蛇口が閉めにくいのを直したい。パッキンを交換しよう。

スポンサーリンク

外にある蛇口が閉まりにくく、おもいっきり力を込めないと水が止まらないので直します。

ここでは、パッキンの交換方法をまとめておきます。

スポンサーリンク

蛇口が閉まりにくいのを直す方法

パッキンを準備しよう

準備するものはこちらの「水栓ゴムパッキン」です。

だいたいの蛇口がこれで直せます。

水の元栓を閉めよう

水の元栓を閉めておきましょう。

そうしないと作業中水が全力で出っぱなしになるので注意です。

青い部分を回して取ろう

青い部分をペンチで回して取り外します。

すると回す三角の持ちての部分が取れるので、それを外します。

固定部分を外そう

固定している三角の山みたいな部分を外します。

結構大きなものなので、モンキーレンチがあるといいでしょう。

引っこ抜こう

外せたら、引っこ抜きます。

パッキンを交換しよう

引っこ抜いた先には金色の部品がついているのでそれを外し、そこにあるゴムを交換します。

※左:新 右:古

古いパッキンは凹んでいて固くなってます。

ついでに上部のパッキンも交換しておきました。

もとに戻して終了

パッキンを交換した後は、外した逆の順序で取り付けていきます。

その後、元栓を開けて、うまく水が流れて止まれば完了です。

あとがき

パッキンを交換すると、普通の蛇口と同じように閉めれるようになりました。

これで、外での作業がやりやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました