スポンサーリンク

『Kindle Paperwhite』をなろう化してからフル稼働。本領発揮だ!

image

『Kindle Paperwhite』を買って2年近く経つ。買った当初は、青空文庫の無料の本を買って読んだりしていたが、ほとんど使っていなかった。

けれど、「なろう小説」を 『Kindle Paperwhite』 読み始めてから使用頻度が激増した。

あんまり使ってなかった理由が3つ。

なろう小説は、iPhoneで読んでいた。

始めは、iPhoneで読んでいた。しかし、iPhoneで長時間読むと目が疲れてくる。また、字は小さいし、下にスライドするので、目がおかしくなることもしばしば。長時間読んだあと顔を上げると風景が歪んで見えたり、揺れているように見えたりする。

どうにかしたかったが、「どうすればいいかわからないので、仕方ないか。」とiPhoneで読んでいた。

kindleのブラウザ検索は跡が残る。

あるとき、ふっと「kindleでブラウザ検索できるやん。」ってことで、小説家になろうのサイトに行き、読み始めた。しかし、大きさが調節しにくい。

また、前の画面の跡が薄っすらと残ってしまっているのや、通信速度が遅いのがいただけない。

そして、反応も悪い。kindleでネットはするものじゃない。

Kindle Paperwhite は本を読むものという思い込み

電子書籍を購入し、その本を読む用のデバイスであるという認識があったので、発想の転換ができなかった。

「なろう小説」を 『Kindle Paperwhite』 で読めるようにできる。

ネットサーフィンしていると、たまたま 「なろう小説」が『Kindle Paperwhite』で読めるらしいということを知り、調べてみるとめちゃくちゃ便利だったので紹介しておく。

使い方。

  1. 小説の目次ページのURLをコピー(ctrl + C)
  2. 「NcodeまたはURLを入力してください。」のところにペースト(ctrl + V)
  3. 電子フォーマットを「Mobi形式(Kindle用)」に選択
  4. 「電子書籍化してダウンロード」をクリックしてダウンロード
  5. あとはKindleをパソコンに接続して、フォルダの中にダウンロードしたファイルを突っ込めば終わり。

パソコンがあると簡単にできる。

ついつい読み過ぎてしまう。

やたらダウンロードして、寝る前とか読んでしまう。そして、電池がなかなか切れないのも、途中で読むのが止まらない理由だ。kindleは充電式だが、普通に使っても一週間は電池が持つのだ。長時間の読書でも全く問題ない

使わなかったら、何ヶ月持つのだろうか。わからん。1ヶ月ぐらいじゃなくならないんじゃないだろうか。

そしてなにより目がしんどくない。それが一番でかい。kindleは電子インクで表示しているので、紙の本を読んでいるのとほとんど変わらない感じ。目にやさしいし、頭も痛くならない。

小技だが、ページの移動でどこに行ったかわからなくなったら、あせってページを探しに行かずに、「もどる」を選択すれば元の場所に戻れるのを知っておくと結構使える。

付属品はこちら。

最近出たものは、形が若干違うようで、その年代ごとに合うもの選ぶ必要がでてきたようだ。

2019年度版はこちら。

保護フィルムはこちら。

最後に。

IMG_0005

2年近く使っていて、カバーが少しへたってきた。あんまり気にならないが、側面の劣化が少しある。

これまで使ってきた感じだと、カバーは絶対あったほうがよい。画面を消すボタンはちょっと押しにくいので、閉じれば消せたり、開けばつくようにできると、使い勝手が良くていい。また、埃も積もらないので、拭く手間も省ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました