Fosspickの糸ようじが使いやすい。歯の隙間がなくても大丈夫。

スポンサーリンク

歯医者に行くと「歯の隙間を掃除しなさい」というので、隙間を掃除できるものを購入してみました。

使いにくいものもあったのでまとめておきます。

スポンサーリンク

歯の隙間を掃除するのはどれがいいか

歯間ブラシは隙間に気をつけよう

歯間ブラシというものがあったので購入してみました。

しかし、歯の隙間が狭いためブラシが入らず、折れてしまうので歯間ブラシは残念ながら自分には合わないようです。

ただ、歯ブラシの掃除をするのには抜群の性能でした。

指に巻くタイプは使いにくい

指に巻くタイプも購入してみましたが、かなり使いにくかったです。

手が大きいので口にうまく入れられず、出来ても前歯だけの掃除しかできませんでした。

指に巻くタイプは小さい手の人向けですね。

糸ようじタイプが安定

結局、糸ようじタイプのものが使いやすかったです。

購入したのは、「Fosspick フロス 極細」です。

商品の写真には雑多に入れられているように見えるのですが、そんなことはなく整頓されています。

見た目は普通の糸ようじですが、糸が特殊なのか高耐久です。使い捨てタイプなのに何回使用しても糸が切れないので、いつ交換するか迷うレベルです。一月ぐらい使用していると、だんだんと束ねていた糸がほどけ切れ始めたので耐久性は十分です。

歯の隙間が狭いのですが、意外とスルッと入るので、行き過ぎて歯茎から血が出るといったことが少ないです。

箱に入るタイプなのでホコリも被らず保管が可能です。

薬局などで売っている袋に雑多に入っている安いものを購入するのであればこちらがオススメです。

あとがき

糸の本数が多いタイプは取れやすいのでしょうが、歯の隙間が狭いとすぐに切れてしまうため、こちらを購入して正解でした。

前歯だけでも掃除するだけで、口の中がかなり軽くなった気がします。残念なことですが、歯磨きだけでは取りきれてないということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました