スポンサーリンク

グリルの掃除がめんどくさいときどうするか。『くっつかないホイル』を使うんだ。

グリル機能が付いているキッチンは便利なもので、タイマーをセットしておけば、勝手にこんがりいい感じで焼いてくれる。その間に他の作業が捗るという優れものなのだが、欠点が一つ。

掃除が大変なことだ。

こびりついた油は落ちにくいし、魚を焼こうものなら、匂いも結構残る。

じゃあ、使わないでいいやとなってしまいがちだが、それは勿体ない。

調理の邪魔をしないで、かつ、掃除が簡単にできる優れものがあるのだ。

『くっつかないホイル』というものがある。

最近はこんな便利なものがあるようだ。100均にもあるところにはあるので、そちらで買う方が安いかもしれない。

さて、これの便利なところを紹介しておこう。

いいところ。

『くっつかないホイル』というだけあって、食材を調理した後にくっついたりしないのだ。普通に魚をグリルで焼くと、身がくっついてしまい、せっかく綺麗に焼けたのに、お皿に乗せる時点ですでにボロボロになっていることもしばしば。お肉もグリルにくっついて食べるところが少なくなってしまうこともある。このホイルはそんなことがなく、つるっと取れるのでお皿にそのままの見た目で乗せることが可能だ。

また、うまく端を折っておくことで、油が下に垂れずにグリルを汚すといったこともない。片付けるときは、丸めてゴミ箱にポイだ。

クッキングシートでも代用可能。

ホイルが嫌な人は、クッキングシートでも代用できる。これもくっつかないので、用途的には変わらない。

ただ、シートが燃えて、グリルの中で火がでることがあるので、ちょっと気を付けたいところだ。シートを切るときに、毛羽立たないようにしたり、同じシートで何回も焼くようにしなければ大丈夫だと思うが、紙なので、やはりホイルよりかは燃えやすいのだろう。

ねんごたれ
ねんごたれ

火が出るとちょっとビビる。

あとがき

フライパンで肉を焼くよりかは、グリルの方が綺麗に焼けるので、最近は、グリルをよく使っている。焼いている最中に付きっ切りになる必要がないので、大変便利だ。

そして片付けがすぐに終わるので、ストレスも少ない。ただ、無精者なので、次使うまで中身がそのままで、使う時に前の分を捨てるという感じになっている。その辺は直さないとかなと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました