RYOBIの丸鋸「MW-14S」の替刃はどれ?

スポンサーリンク

リョービの丸鋸が家にあったのですが、刃が錆びており切れ味が凄いことになっていました。

そこで以前14mmの替刃を探していたのですが、見つからず途方にくれていると、最近検索で出てくるようになっていたのでまとめておきます。

スポンサーリンク

RYOBIの丸鋸「MW-14S」

取り扱い説明書

取扱説明書はこちらのリンクからダウンロード可能でした。

替刃は「140×12.7mm」

替刃のサイズは「140×12.7mm」です。

他の丸鋸と違い、サイズがピッタリ同じでなければダメなようです。説明書には130mm以下の刃は使用しないようにしてくださいと書かれていたので、気をつけないとダメですね。

内径が12.7mmと普通の刃と違って小さいサイズになっているので注意しましょう。

内径20mmの刃を使用する場合

こちらのような、内径が20mmの刃を使用したい場合は「修正ブッシュ」が必要になるようです。

使ったことがないのでわかりませんが、レビューには少々分厚いと書かれてありますので、多少削る必要があるのかもしれません。

刃の交換方法

刃の交換方法は、取扱説明書の中に書かれてありますのでそちらを参照してください。

簡単に説明するの以下のとおりです。

  1. 切り込み深さを最大にしひっくり返す
  2. ドライバーを差し込み刃が回らないようにする
  3. 六角レンチ(またはサイズ10のスパナ)で反時計回りに回して緩める
  4. ガードをいっぱいまで広げる
  5. 「六角穴付きボルト」→「外フランジ(輪っかのやつ)」→「丸ノコ刃」の順で取り外し
  6. 刃を取り付け、逆の順番に取り付けて終了

古いのと比べてみると一目瞭然ですね。

あとがき

140mmの刃は、ホームセンターでも売っていなかったので、ネットで買うしか無さそうでした。

これで、「MW-14S」がきちんと使えるようになったら、うれしいです。丸ノコ自体がかなり軽いので便利なんですよね。

刃を交換しただけで丸ノコが新しくなったような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました