マキタ(Makita) 高圧洗浄機 高機能タイプ レビュー。オススメ。

スポンサーリンク

家で使用していたRYOBIの高圧洗浄機が壊れてしまったので、マキタのものに交換しました。

かなり便利なので、初めからこちらにしておけばよかったと思います。

スポンサーリンク

マキタ(Makita) 高圧洗浄機 高機能タイプ レビュー

巻取り式が便利

巻取り式といっても、自分でハンドルを回してゆっくり巻き取る必要があります。

それでも、ホースが拡散せずにコンパクトに片付けることができるため、収納時に場所をとりません。ノズルも立てかける部分があるため非常にコンパクトです。

また使用の際は、ホースを必要な長さだけ一旦出す必要があり、そのまま引っ張りながら使用すると本体が倒れます

キャスターが便利

以前のはキャスターが付いておらず持ち上げて運ぶ必要がありましたが、こちらはキャスターがついているので、ゴロゴロと持ち運びすることができます。

スーツケースのキャスターとはサイズが違うので、かなり動かしやすいです。

また、コンセントの配線を引っ掛ける部分もついているため、移動中に線を踏んでしまうこともありません。

静音モードで十分

標準モードと静音モードがあります。

普段使うのであれば、静音モードで十分です。

高圧洗浄機に似合わない静かさですが、威力は十分です。洗車するのに丁度いいです。

ホースはしっかり留めよう。

ホースは、付属のものを使用しています。

きちんと奥までささっていないとすぐに暴発するので、結構しっかり取り付ける必要があります。

また、取り付けの際は、固定用の部分を通してからにしましょう。

先は市販のもので十分。

蛇口とホースを接続する部分ですが、市販のホースを取り付けるもので問題なかったです。形が一緒だからですかね。

きっちりと取り付けることができるため、水漏れの心配もありませんでした。心配であれば付属のものを使用するようにしましょう。

あとがき

以前のものと比べると、持ち運び、収納、使用感と全てにおいて上位互換なかんじですね。

高圧ホースも以前に比べると格段に柔らかいので、巻き取るのにそれほど苦労はしませんでした。ただ、ねじれていると巻き取れないので、そのあたりは注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました