鋸「SAMURAI」の替刃と交換方法まとめ。

スポンサーリンク

のこぎり「SAMURAI」の刃が丸まっていたので、替刃を購入することにしました。

SAMURAIの種類が多く、どれを選べば良いのかわかりにくかったのでまとめておきます。

スポンサーリンク

SAMURAIシリーズの替刃まとめ

公式サイトはこちらから↓

一番 荒目 240mm

木を切るのであればこちらが良さそうです。

一番タイプの折りたたみ式が、「騎士」になってます。。

チャレンジ 中目 240mm

自分が使っているのはこちらです。庭の木の剪定などに使ってます。

かなり切れ味がいいです。

竹挽鋸 極細目 240mm

竹を切るのは、こちらのタイプが良いですね。

侍大将 270mm 三段刃

こちらは、一本のノコギリで3種類の刃がついているタイプです。

先の方と真ん中の方で使い分ける感じですね。

刃の交換の仕方

替刃を準備しよう

自分が使っているノコギリの替刃を準備しましょう。

ネジを外そう

ネジを外します。外した後、反対側についている部分も外す必要があるので、細長いものとハンマーがあるといいですね。

組み立てて終了

あとは、穴が空いている部分にうまく合わせて、ネジで留めて終了です。

替刃を挟む部分を少し広げる必要があるため、マイナスドライバーがあると便利です。

あとがき

SAMURAIシリーズは、ベルトに引っ掛けることができるのですが、わざわざベルトをつけるのはめんどくさいので、カチャッと装着できるベルトがあると便利です。

自分が使っているのは無かったので別のものを載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました